お知らせ

12月12日(土) 信州大学自然科学館ミニシンポジウム

お知らせ

信州大学自然科学館はミニシンポジウム(第2回)を開催することとなりました。ライチョウ研究の中村浩志信州大学名誉教授をはじめ、生命系に関わる4名の研究者・有識者による幅広い講演を実施いたします。ぜひご来場ください。

 日 時: 平成27年12月12日(土)13:00~16:30
 会 場: 信州大学理学部第1講義室
 入場料: 無料

 13:00-13:05 はじめに            尾関 寿美男(信州大学理学部長) 
 13:05-13:45 「長野県の人口と地方創生」   松澤 等(㈱環境計画 地域計画室長)
 13:45-14:25 「ライチョウと山岳環境の再生」 中村 浩志(中村浩志国際鳥類研究所代表理事)
 14:25-14:40 休憩
 14:40-15:20 「マウスの排卵とエストロゲン」 戸田 勝己(高知大学医学部 准教授)
 15:20-15:50 「シダから自然再創生を診る」  佐藤 利幸(信州大学理学部教授・自然科学館長)
 15:50-16:30 おわりに            山田 桂(信州大学理学部准教授)

shizen_sympo2015_1.jpg
shizen_sympo2015_2.jpg

前へ 

一覧にもどる

 次へ