野嶌 一平

野嶌 一平
教員氏名 野嶌 一平
職名 准教授
所属

理学療法学専攻

経歴

神戸大学大学院にて学位取得(保健学)
名古屋大学大学院助教、講師、アメリカ国立衛生研究所(NIH)研究員を経て2019年より信州大学に着任

研究者総覧(SOAR)を見る

情報技術を基盤とした新しいリハビリテーション介入を創造したい

神経生理学を基本に、データ解析技術を取り入れた研究を行なっています。具体的には、脳や脊髄といった中枢神経系の状態を脳波などの生理検査技術を用いて計測、得られた情報を加工してフィードバックすることで運動機能や認知機能を改善させるリハビリテーションアプローチの開発を行なっています。また、高齢社会を迎えている本邦において、健康寿命の延長を目指した取り組みを自治体と協力して行なっています。 今後は、医療・科学技術の発達により再生医療が注目されていくものと思われます。手術などによって再生した組織を、機能的に働かせる介入方法などを開発していきたいと考えています。

脳の機能を調整することで運動機能の改善を目指す新しいリハビリテーション方法
研究から広がる未来

中枢神経系は一度障害されると回復はしないと長い間信じられてきましたが、近年の研究からその定説が覆されてきています。しかしどのような方法で、どれくらい介入するかなど解明されていない問いが数多く残されています。先人達により積み上げられた科学的事実を元に、新しいリハビリテーション介入を開発していきたいと考えています。

ナビゲーションシステムを使った経頭蓋磁気刺激(TMS)実験
卒業後の未来像
データ解析や研究デザインを学習することで、論理的な問題解決能力が身につくと考えます。また大学院において研究活動を行うことで、問題探求能力、課題解決能力が向上し、臨床における研究で活躍できる人材になれるものと考えます。
NIH留学中の研究室メンバーと