<技術部組織図>

<各系紹介>

機器分析系は,おもに学内の共同利用大型機器の技術支援(保守管理・運用,応用技術開発, 機器講習)を担当しています。具体的には国際科学イノベーションセンター,基盤研究研究支援 センター長野分室に設置の大型機器 (電子顕微鏡等)を用いた分析,利用者に対する機器操作・ 技術トレーニング,観察・分析技術相談,機器の修理・トラブル対処を行っています。 また,各研究室への研究活動支援(技術相談・依頼分析等),各学科の実験 ・実習等への授業支援, 学部共通業務,地域貢献活動も行っています。そのほか,先端研究施設共用促進事業, ナノテクノロジープラットフォーム事業にも参画しています。
機器分析系ホームページ(学内限定)
基盤研究支援センター長野分室(学内限定)

計測調査系は,機械・電気・土木・情報系など,それぞれのもつ専門知識や技術を活かして, 実験や実習の授業を中心に,教育研究支援を行っています.さらには学部内の大型機器の専門委員, 研究装置の管理をこなすなど,また安全衛生に関連しては,資格を取得したスタッフが職場巡視や 作業環境測定の分野で活躍しています。

設計製作系に所属するスタッフは,主に機械加工を専門とし,加工技術センターに派遣されています。 センター利用者に対して,安全第一を心がけた指導と環境に配慮した指導を行っています。 一方で機械系学科からの業務申請により,実習授業で専門機械の担当講師を務めています。 実習授業を受けられない学生や教職員に対する「工作機械安全講習会」を技術部と加工技術 センターの共催で企画・実施しています。設計製作系は,「できない」と言うより,先ず 「どうやったらできるか」を考える技術者集団です。
加工技術センターホームページ(学内限定)

情報処理系では,工学部の情報システム管理委員会(一部委員)からの依頼を受け,学部内の 情報通信関係のトラブル等の対処,およびサーバ構築・ネットワーク構築などの各種アドバイスや 補助を行っています。さらに,新入生ガイダンスなどにおける,情報教育も行っています。その他, 各々学科の学生実験や研究室の研究補助業務,学生の指導などを行っています。