信州大学 教育学部

講演等の依頼について

行政機関,学校,学術団体,企業等の方へ
信州大学教育学部の教職員へ業務を依頼する場合の手続(兼業手続)について

許可条件

本学部では以下の場合に限り兼業を認めています。兼業を依頼する場合は、依頼したい教職員に該当業務についての内諾を得た上で、任期開始日の2週間前までに、信州大学教育学部庶務係まで必要書類を提出してください。

  1. 職員の占めている職と許可の申請に係る兼業先との間に,特別な利害関係がなく,又はその発生のおそれがないこと。
  2. 職員としての職務の遂行に支障が生じないこと。
  3. 勤務時間を割き,又は割くおそれのないこと。
  4. その他職務の公正性及び信頼性の確保に支障が生じないこと。

長期間兼業の任期は最大2年間までです。ただし,規則等に任期の定める場合は最大4年間までです。その範囲を超えて引き続き業務を依頼する場合は改めて申請書を提出してください。

必要書類

依頼状

下記条件に該当する種別の依頼状をダウンロードし,必要事項を記載して提出してください。

添付書類

委員会委員等に従事する場合は,当該委員会等に関する実施要綱等を送付してください。
その他参考となる資料(当該職等の任期を定めた規程等)がありましたらご送付ください。必要に応じ,問い合わせをさせていただく場合があります。

依頼状ダウンロード

依頼状種別 条件 依頼状
短期間兼業 ①時間数にかかわらず,1日限りの場合
(継続する任期がある場合は長期兼業)
Wordファイル(短期)
②2日以上6日以内で,総従事時間数が10時間未満の場合
長期間兼業 上記に該当しない,継続性のある業務 Wordファイル(長期)

依頼状に対する回答は,原則行っておりませんが,必要な場合は回答様式と返信用封筒を併せて送付してください。

提出先

〒380-8544 長野県長野市西長野6のロ
信州大学教育学部総務グループ庶務係 TEL:026-238-4014