信州大学 教育学部

学校教育専攻(修士課程)

                    

※以下の専攻紹介は現行の教育学研究科(修士課程・教職大学院)の内容となります。
2020年度から開講予定の教育学研究科(教職大学院)については,こちらをご覧ください。

概要

高度教職実践専攻(教職大学院)のイメージ写真

学校と臨床心理の最先端の学びを究め
臨床現場のプロになる

入学定員

修士課程:20名

  • 学校教育専修
  • 臨床心理学専修
  • 教科教育専修

学校教育専攻では、学校教育、臨床心理に関して、臨床現場に対する具体的な課題意識を明確に持ち合わせ、修得した高度な専門性と経験した多様な実践とを有機的に往還させながら、臨床現場において指導的な立場に立つことのできる高度な教育専門職業人を育成します。
修了者には、修士( 教育学) の学位が授与されます。
学校教育専攻には,「学校教育専修」、「臨床心理学専修」及び「教科教育専修」の3専修があります。

専修について

学校教育専修

学校教育に関わる専門家養成のために、現代社会における教育問題の解決に資する臨床的・教育実践的な研究を行うことのできる研究・教育体制を整え、教育学、教育心理学、障害児教育学、幼児教育学の各領域における最先端の研究に従事する教員が教育課程を編成しています。

臨床心理学専修

日本臨床心理士資格認定協会が認定する第1 種指定大学院として、臨床心理に関わる専門家を養成することを目的としています。国家資格である公認心理師のカリキュラムに対応するとともに、心理的諸問題の解決に資する研究を行うことのできる研究・教育体制を整え、臨床心理学の各領域における最先端の研究に従事する教員が、専攻の研究・教育目的の実現のための教育課程を編成しています。

教科教育専修

国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、技術教育、家政教育、英語教育の10 分野があります。各教科の教育内容の基盤としての個別諸科学と各教科教育学の有機的な関係を中心とした研究の充実を図れるような研究・教育体制を整え、個別諸科学及び各教科教育学の各領域において最先端の研究に従事する教員が教育課程を編成しています。

取得できる専修免許状等

取得には、対応する第一種免許状を有していること又は第一種免許状の必要単位数を修得していることが必要です。詳しくはお問い合わせ下さい。

学校教育専修
  • 幼専
  • 小専
  • 中専(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)
  • 高専(国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、家庭、英語)
  • 特支専(知、肢、病)※1
臨床心理学専修
  • 臨床心理士資格審査受験資格
教科教育専修
  • 国語教育
    中専(国語)、高専(国語、書道) ※2
  • 社会科教育
    中専(社会)、高専(地理歴史、公民) ※2
  • 数学教育
    中専(数学)、高専(数学) ※2
  • 理科教育
    中専(理科)、高専(理科) ※2
  • 音楽教育
    中専(音楽)、高専(音楽) ※2
  • 美術教育
    中専(美術)、高専(美術、工芸) ※2
  • 保健体育
    中専(保健体育)、高専(保健体育) ※2
  • 技術教育
    中専(技術) ※2
  • 家政教育
    中専(家庭)、高専(家庭) ※2
  • 英語教育
    中専(英語)、高専(英語) ※2

※1 特別支援教育に関する専門教育科目を、24 単位以上修得した場合
※2 教科教育専修では、修了要件とは別に単位を修得することで、小学校教諭専修免許状及び幼稚園教諭専修免許状を取得することが可能です。ただし、取得するには、指導教員と相談しながら綿密な履修計画を立てる必要があります。