Facebook

【公募の延長】信州大学 農学部 助教(特定雇用)(先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所担当・<応用分子微生物学分野>担当)公募【令和3年1月5日(金)17:00 必着】

教員公募

【募集機関の概要】
●機関名(URL):国立大学法人 信州大学(https://www.shinshu-u.ac.jp/
●部署名(URL):信州大学農学部
        (http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/
        信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所
        (http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/iccer/
●当該部署の説明・募集の背景
 先鋭領域融合研究群は,信州大学の強み及び特色のある研究領域に資源を集中的に配分することで研究を先鋭化させ,それぞれの研究領域の融合によりイノベーティブな研究を推進するため,研究体制の総合的な高度化及び持続可能な発展を図ること,また,その研究活動を教育に反映させることを目的とする組織です。

 今回の募集は,本学の先端的・革新的研究のけん引役となる研究組織(研究所)と特定領域で活躍できる人材の育成や産学官連携もミッションの一つに掲げる研究組織(特定領域研究拠点)を支える教員スタッフを強化補充しようとするものです。バイオメディカル研究所の所属として採用し,業務を担当いただきます。

【募集内容】
●募集職種:助教(特定雇用)
●募集人員:1名
●募集分野:応用分子微生物学分野 
●業務内容:先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所に係る,下記全般の業務に従事する。
 1)研究:応用分子微生物学に関する最先端研究
 2)教育:大学院教育・学部教育
 3)その他:大学運営に関わる業務

●雇用条件:常勤(任期有)
・任期は原則1年とする。
 ※再任審査を経て更新する場合がある(ただし,通算契約期間が10年を超えない範囲まで。)
・賃金:年俸制408万円(月額34万円,諸手当込み)
・就業時間:8:30-17:15(休憩時間60分・裁量労働制)
・休日:日曜・祝日,年末年始,夏季休暇,年次有給休暇及びその他の休暇制度あり
・福利厚生:雇用保険,労働災害保険,社会保険加入
・研究条件:配属先の教員と協力して,研究室が保有する研究費を活用して研究に専念することができる(研究エフォート80%)
・その他の条件:国立大学法人信州大学特定教職員就業規則等の本学の規程による

●応募資格
(1)採用予定日において博士の学位を有していること。
(2)研究所の教員と協力して,応用分子微生物学分野における独創的な研究が展開できる方。
(3)学部(農学部)および大学院(総合理工学研究科生命医工学専攻)において応用分子微生物学関係の講義や実験指導ができる方。
(4)微生物由来生理活性物質(抗生物質など)の単離・精製および構造解析の経験がある方。
(5)微生物二次代謝産物の生合成に関する専門知識がある方。

●勤務地住所:信州大学伊那キャンパス(〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304)
●着任時期:令和3年4月1日以降のできるだけ早い時期


【応募方法】
●応募書類(一旦提出された応募書類は返却致しかねますので、その点ご了解ください。)
 下記の書類を,印刷媒体に加えてUSBメモリー等に収録した電子データと共に提出すること。
(1)履歴書〔写真(6ヶ月以内に撮影したもの)添付のこと〕
  イ.住所,氏名,生年月日
  ロ.連絡先:電話番号及びe-mailアドレス
  ハ.高等学校卒業以降の学歴
  ニ.職歴(業務内容を含む。常勤・非常勤,任期の有り・無しの別を記してください。)
  ホ.賞罰
  ヘ.社会活動
(2)研究業績リスト(査読付き原著論文・総説,その他の論文・総説,単行本などに区分し,第一または責任著者となっている論文を明記。)JCR Impact Factor 2019が付いている論文にはその値を記載してください。教育実務経験者は,研究業績に加えて,専門業務に関する業績の概要を記載してください。)
(3)研究計画書(これまでの主要業績の学術的意義を記したうえで,(教育実務経験者は,これまでの職務経歴を踏まえて記入してください),将来の研究計画及び担当可能な講義科目,着任後の抱負を記載してください。2,000字程度)
(4)主要業績(著書又は論文)の写し(5点以内)と要旨(1点につき200字程度)
(5)外部資金獲得,社会貢献および国際交流経験等の実績リスト
(6)推薦書2通(書式自由)
(7)鑑文

●募集期間:令和2年5月19日(火)~令和3年1月5日(火)17:00 必着
●選考方法:応募書類による書類選考の合格者を対象として面接試験を行います。面接時には,これまでの研究,教育の実績ならびに着任後の抱負等についてのプレゼンテーションを行っていただきます。
①一次選考「書類選考」...令和3年1月中旬実施,合格者を対象に二次選考を実施します。
②二次選考「面接試験」...一次選考「書類審査」の合格者だけが対象です。
 面接場所:信州大学伊那キャンパス(長野県上伊那郡南箕輪村8304)
*面接のための交通費・宿泊費等は応募者負担とします。
※信州大学は男女共同参画を推進しており,業績及び人物の評価において同等と認められた場合には女性を採用します。ただし,これは性別のみで優先的に採用することを認めるものではありません。

●募集内容に関する問合せ先:
 信州大学農学部 総務グループ(庶務担当)宛
 電話:0265-77-1303
 メールアドレス:nshomu@shinshu-u.ac.jp
 ホームページ:http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/

●書類送付先:
 〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304
 信州大学農学部総務グループ(庶務担当)宛

※提出書類には封筒の表に「信州大学 農学部 助教(特定雇用)(先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所〈応用分子微生物学〉担当)応募書類在中」と朱書きし,追跡できる方法(書留等)にて送付ください。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a