メインコンテンツへ移動

メニュー
閉じる
閉じる

社会人向け教育

  1. 社会人向け教育

教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)

高度教職実践専攻(教職大学院)では、学部教育の理念である「臨床の知」をさらに深化させ、学校現場で求められる専門的知識と、思考力・判断力・表現力等を育成する学びをデザインできる指導力、多様な教育課題に柔軟に対応できる力を持った省察的実践家としての教員を育成します。
現職教員の院生も含めて学生同士が学び合う時間を確保するために、土曜日等の集中講義や夜間授業も行い、全ての授業において専門分野の異なる教員が複数で学生を指導します。

経済・社会政策科学研究科

経済・社会政策科学研究科は社会人を対象とした大学院で、平日夜間と土曜日にも授業を開講しています。
経済・社会政策科学専攻は「地域社会イニシアティブ・コース」とも呼ばれ、「地域づくり」のための人材育成を教育の目的としています。
イノベーション・マネジメント専攻は「信州大学経営大学院」とも呼ばれ、実務と理論からイノベーション・マネジメント手法を学び、修了後はマネジメント修士号の学位を取得できます。

総合理工学研究科社会人プログラム

総合理工学研究科では、職業を有する社会人の方の学び直しを応援し、さまざまな教育プログラムを開設しています。プログラムの中には、文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP)に選定されたものもあります。

  • 「ながのブランド郷土食」社会人スキルアップコースプログラム
  • 「超微細加工技術」社会人スキルアップコースプログラム
  • 「超精密加工技術」社会人プログラム(修士課程)
  • 地域共生マネージメントプログラム
  • 「電気機器関連制御技術」社会人スキルアップコースプログラム

学部社会人入試(医学部保健学科・工学部)

医学部保健学科、工学部では社会人の方を対象とした入試を行っています。
詳細は学生募集要項をご覧ください。

大学院入試

大学院各研究科の入試情報はこちらをご覧ください。