信州大学HOME

お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

日本学生支援機構奨学金及び授業料免除等の手続きについて(5月22日更新)

2020年05月22日

奨学金や授業料免除の手続きについて、現時点での予定をお知らせしますので確認してください。更新情報は本ページを修正するかたちでお知らせします。

経済支援に関して、お困りのことがありましたら、学生総合支援センター経済支援グループへご相談ください。

学部新1年生の方へ

新1年生の前期分授業料について(5/19更新)

  • 前期分の授業料については4月27日(月)に引き落としの予定でしたが、4月の引き落としは行わず、6月26日(金)に行います。

日本学生支援機構奨学金(給付・貸与)の採用候補者の方(5/22更新)

  • 進学届の手続きについては、【学部1年生:進学届】令和2年度 日本学生支援機構奨学金(給付・貸与)の予約採用候補者の皆さんへ をご確認のうえ、進学届の入力を行ってください。4月24日までに入力できなかった方については、入力期限を5月26日まで延長しますので、速やかに入力を行ってください。この場合、6月採用となります。(4/30更新)
  • 5月採用者(5月15日に振込みのあった方)には、採用関係の手続きについて大学のメールアドレス(@shinshu-u.ac.jp)にメールしましたので必ず確認してください。(5/22更新)

日本学生支援機構奨学金(給付・貸与)にこれから申請予定の方(4/30更新)

2020年度入学 日本人を対象とした大学独自の授業料免除(4/30更新)

  • 入学前の段階では大学独自の授業料免除は行わないこととしていましたが、2020年度入学者で日本学生支援機構 給付奨学金に採用されなかった方(制度上対象外の方を含む)を対象として授業料免除を実施します。
  • 5月26日(火)までに窓口での申請を予定していましたが、郵送による申請に変更しました。なお、5月1日(金)より学内ポータルサイトACSUの「キャンパス情報システム」にて授業料免除願の入力が可能です。必ず入力を行ったうえで、申請書類を郵送してください。詳細については、【日本人学生対象】2020年度入学(編入学を含む)学部生の授業料免除申請 をご確認ください。(4/30更新)

2020年度入学 留学生を対象とした大学独自の授業料免除(4/22更新)

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生を対象とした大学独自の授業料免除の追加申請について(5/19更新)

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、授業料納付が困難になった以下の対象者に一定の条件を満たす場合、本学の授業料免除(2020年度前期)の追加申請を受け付けます。追加申請期間は6月中下旬を予定しています。詳細は、5月末に掲載します。
  • 対象者は日本学生支援機構の給付型奨学金(授業料減免を含む)の申請資格を満たしていない者(例:大学院生、私費外国人留学生、高校卒業から本学入学までの期間が2年を超えている学部生等)とします。それ以外は、日本学生支援機構奨学金 家計が急変した学生への支援について をご確認ください。
  • 申請を希望される方は、通常の授業料免除申請関係書類一式及び家計急変の証明書類等(日本学生支援機構給付型奨学金〈家計急変〉の例に準ずる)を提出する必要があります。既に本学の授業料免除を申請された方は、家計急変の証明書類等を追加提出した場合、新たに家計評価を行いますので、免除額が増える可能性があります。

新1年生 授業料徴収猶予・月割分納(4/22更新)

  • 実施しません。

民間育英団体・地方公共団体 奨学金(4/23更新)

  • 信州大学には多くの民間育英団体・地方公共団体 奨学金の案内が届きます。キャンパス情報システムの「授業料免除・奨学金 申請情報」に掲載していますので、確認してください。多くの奨学金は4~5月が〆切となっていますので、 見落とさないように注意してください。
  • 申請書類はキャンパス情報システムからダウンロードするもの、財団ホームページからダウンロードするものなど、財団により異なります。
  • 申請を希望する場合で大学を通して申請するものについては、申請書類一式を所属キャンパスの奨学金窓口へ郵送してください。詳細はキャンパス情報システムに掲載した申請書類の指示に従ってください。
  • 新型コロナウイルスの影響で、指導教員から推薦書の原本を受け取ること困難な場合は、メールにより受け取り印刷したものを提出してください。それにより申請が可能かを財団と相談します。この取扱いは、大学を通して申請する奨学金に限ります。個人で申請する奨学金については自身で財団に相談してください。(4/23更新)

トップへ

2020年度編入学生の方へ

前期分授業料について(5/19更新)

  • 前期分の授業料については4月27日(月)に引き落としの予定でしたが、4月の引き落としは行わず、6月26日(金)に行います。

2020年度入学 日本人を対象とした大学独自の授業料免除(4/30更新)

  • 入学前の段階では大学独自の授業料免除は行わないこととしていましたが、2020年度入学者で日本学生支援機構 給付奨学金に採用されなかった方(制度上対象外の方を含む)を対象として授業料免除を実施します。
  • 5月26日(火)までに窓口での申請を予定していましたが、郵送による申請に変更しました。なお、5月1日(金)より学内ポータルサイトACSUの「キャンパス情報システム」にて授業料免除願の入力が可能です。必ず入力を行ったうえで、申請書類を郵送してください。詳細については、【日本人学生対象】2020年度入学(編入学を含む)学部生の授業料免除申請 をご確認ください。(4/30更新)

2020年度入学 留学生を対象とした大学独自の授業料免除(4/22更新)

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生を対象とした大学独自の授業料免除の追加申請について(5/19更新)

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、授業料納付が困難になった以下の対象者に一定の条件を満たす場合、本学の授業料免除(2020年度前期)の追加申請を受け付けます。追加申請期間は6月中下旬を予定しています。詳細は、5月末に掲載します。
  • 対象者は日本学生支援機構の給付型奨学金(授業料減免を含む)の申請資格を満たしていない者(例:大学院生、私費外国人留学生、高校卒業から本学入学までの期間が2年を超えている学部生等)とします。それ以外は、日本学生支援機構奨学金 家計が急変した学生への支援について をご確認ください。
  • 申請を希望される方は、通常の授業料免除申請関係書類一式及び家計急変の証明書類等(日本学生支援機構給付型奨学金〈家計急変〉の例に準ずる)を提出する必要があります。既に本学の授業料免除を申請された方は、家計急変の証明書類等を追加提出した場合、新たに家計評価を行いますので、免除額が増える可能性があります。

奨学金情報は下の「学部2年生以上及び大学院生の方へ」をご覧ください。

トップへ

学部2年生以上及び大学院生の方へ

日本学生支援機構奨学金(給付・貸与)にこれから申請予定の方(4.30更新)

2019年度以前入学者で日本学生支援機構給付奨学金の在学予約採用に申請した方(5/22更新)

  • 4月21日(火)に自分の口座に奨学金が入金されれば採用です。ただし、申請書類不備等により、審査が遅れ、5月以降の振込みになる場合もあります。不採用となった方で選考に疑問のある方はこちらをご覧ください。(4/23更新)
  • 5月採用者(5月15日に振込みのあった方)には、採用関係の手続きについて大学のメールアドレス(@shinshu-u.ac.jp)にメールしましたので必ず確認してください。(5/22更新)

2020年度大学院入学者で日本学生支援機構貸与奨学金の採用候補者となっている方(5/22更新)

  • 進学届の詳細はキャンパス情報システム(学生生活情報→授業料免除・奨学金連絡事項)を確認してください。4月7日(火)までに進学届を入力した場合には、4月21日(火)に奨学金が振り込まれます。4月8日(水)~4月24日(金)に進学届を入力した場合は5月採用となり、4月・5月の2カ月分が5月15日(金)に振り込まれます。(4月の振り込みはありません。)
  • 5月採用者(5月15日に振込みのあった方)には、採用関係の手続きについて大学のメールアドレス(@shinshu-u.ac.jp)にメールしましたので必ず確認してください。(5/22更新)

民間育英団体・地方公共団体 奨学金(4/23更新)

  • 信州大学には多くの民間育英団体・地方公共団体 奨学金の案内が届きます。キャンパス情報システムの「授業料免除・奨学金 申請情報」に掲載していますので、確認してください。 多くの奨学金は4~5月が〆切となっていますので、 見落とさないように注意してください。
  • 申請書類はキャンパス情報システムからダウンロードするもの、財団ホームページからダウンロードするものなど、財団により異なります。
  • 申請を希望する場合で大学を通して申請するものについては、申請書類一式を所属キャンパスの奨学金窓口へ郵送してください。詳細はキャンパス情報システムに掲載した申請書類の指示に従ってください。
  • 新型コロナウイルスの影響で、指導教員から推薦書の原本を受け取ること困難な場合は、メールにより受け取り印刷したものを提出してください。それにより申請が可能かを財団と相談します。この取扱いは、大学を通して申請する奨学金に限ります。個人で申請する奨学金については自身で財団に相談してください。(4/23更新)

2020年度(前期)授業料・入学料免除等を申請した方(5/8更新)

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生を対象とした大学独自の授業料免除の追加申請について(5/19更新)

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、授業料納付が困難になった以下の対象者に一定の条件を満たす場合、本学の授業料免除(2020年度前期)の追加申請を受け付けます。追加申請期間は6月中下旬を予定しています。詳細は、5月末に掲載します。
  • 対象者は日本学生支援機構の給付型奨学金(授業料減免を含む)の申請資格を満たしていない者(例:大学院生、私費外国人留学生、高校卒業から本学入学までの期間が2年を超えている学部生等)とします。それ以外は、日本学生支援機構奨学金 家計が急変した学生への支援について をご確認ください。
  • 申請を希望される方は、通常の授業料免除申請関係書類一式及び家計急変の証明書類等(日本学生支援機構給付型奨学金〈家計急変〉の例に準ずる)を提出する必要があります。既に本学の授業料免除を申請された方は、家計急変の証明書類等を追加提出した場合、新たに家計評価を行いますので、免除額が増える可能性があります。

トップへ

お問い合わせ先

学生総合支援センター TEL 0263-37-2184(奨学金※), 0263-37-2199(授業料免除)
問合せ時間は、平日 午前8時30分~午後5時15分 の間です。

※外国人留学生対象の奨学金については、グローバル化推進センター又は各学部学務係にお問合わせください。

トップへ

前の記事 |  一覧へ戻る  | 次の記事

学生総合支援センターとは
学生総合支援センターでは、学生生活が豊かで充実したものになるよう、様々な支援を行っています。
信大生に守って欲しい事
知っておこう
学生相談センター
信州大学の「なんでも相談室」
学生生活を送る中で、いろいろなことに悩んだり、不安になったり、困ったとき、心が疲れたときに、気軽に相談に来てください。

窓口対応時間
平日8:30~17:15

 土日祝日・お盆・年末年始はお休みです。ご了承ください。

ホームに戻る

このページの先頭に戻る

Page Top