ホーム > トピックス一覧 >

トピックス詳細

トピックス

総合理工学系研究科工学専攻学生チームがACM-ICPC2017 アジア地区予選に進出!

17年12月21日

写真左から滝沢 由睦さん、鰐川 友太さん、松本圭威さん

写真左から滝沢 由睦さん、鰐川 友太さん、松本圭威さん

  総合理工学系研究科工学専攻修士1年の滝沢 由睦さん、鰐川 友太さん、松本圭威さん(写真左から)が結成したチーム CroCoDileが、国際的な学生プログラミングコンテストACM-ICPC2017の国内予選を突破し、12月16日(土)-17日(日)につくばカピオで開催されたアジア地区予選へ進出しました。国内予選には91校の大学・高専から390チームが参加し、このうち43チームがアジア地区予選へ進出しています。

  ACM-ICPCは、ACM (Association for Computer Machinery)という計算機学会が主催する、International Collegiate Programming Contest(国際大学対抗プログラミングコンテスト)という名前のプログラミングコンテストです。同じ大学で3人一組のチームを作り、チームでプログラミングと問題解決の能力を競う大会です。全世界で毎年3万人以上が参加する大会に成長しています。ACM-ICPCの世界大会では、各国で開かれる地区大会を勝ち抜いたチームが、大学を代表して腕を競います。世界大会には、一つの大学から一つのチームしか参加できません。そのため、大学対抗プログラミングコンテストと位置づけられています。