ホーム > トピックス一覧 >

トピックス詳細

トピックス

2017年度第26回ソノケミストリー討論会において総合理工学研究科(修士課程)工学専攻物質化学分野1年生笠原陸さん、金井智亮さん(物質化学科准教授酒井俊郎研究室所属)が奨励賞を受賞

17年10月25日

  平成29年10月20, 21日、鹿児島大学(郡元キャンパス)にて開催されました2017年度第26回ソノケミストリー討論会において、総合理工学研究科(修士課程)工学専攻物質化学分野1年生 笠原陸さん(写真左)、金井智亮さん(写真右)(物質化学科准教授酒井俊郎研究室所属)が奨励賞を受賞しました。

・笠原陸(口頭発表)「高周波超音波による水溶液中での化学反応機構の解明」

  当研究室で開発した高周波超音波照射機(US-NaNo)を使用すると、従来では起こらない化学反応が進行する。本研究においては、この高周波超音波による水溶液中での化学反応機構の解明を試み、水溶液中での反応サイトを突き止め、その成果が高く評価された。

 

・金井智亮(ポスター発表)「超音波で発生したマイクロバブルを利用した金中空微粒子の作製」

本研究では、診断・治療用の金中空微粒子の作製を目的として、水への超音波照射により生み出されるマイクロバブルを鋳型として金中空微粒子の作製を試みた。その結果、フッ素系界面活性剤と金属イオン還元性高分子を組み合わせることにより、金中空微粒子が作製できることを明らかとし、その成果が高く評価された。

写真左:笠原陸さん、右:金井智亮さん

写真左:笠原陸さん、右:金井智亮さん