信州大学HOME ENGLISH 交通・キャンパス案内

SOARとはSOARとは

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

researchmapへのデータ入力に関する情報

researchmapとは

researchmapは,全国版の研究者情報データベースです。

科研費の2018年度応募分より,審査の際に審査委員がresearchmapの掲載情報を必要に応じて参照することができるという方式になりました。

※参照→平成31年度科学研究費助成事業(科研費)の公募に係る変更等について:文部科学省

これにより,researchmapに研究業績の情報が十分に入力されていることの重要性が高まっています。以下,教員のみなさまが,researchmapに入力するための手引きとなる情報をご案内します。

researchmapに関してすべきこと

(1) ご自分のデータの確認

まずはresearchmapの研究者検索において,ご自身のデータがあるかどうかをご確認ください。先生がご自身でデータを作成されていなくても,大学側で作成している場合があります。また,所属機関を異動された経験がある方は,所属が前任かそれ以前のものになっている場合もあります。

•データがまだ存在しなかった場合

→下記問い合わせ先まで,件名「researchmapデータの作成について」にてメールをお送りください。

•所属機関の情報が古かった場合

→下記問い合わせ先まで,件名「researchmap所属機関の修正について」にてメールをお送りください。

•それ以外

→(2) データの入力 へお進みください。

(2) データの入力

下記 a・bのいずれか一方の方法で入力します。

(a) 研究者総覧からの入力

研究者総覧に入力した情報が,researchmapにも自動的に転送されます。

  1. (初回のみ)下記問い合わせ先まで,件名「researchmapへのデータ転送希望」にてメールを送信します。データ転送が開始されたら,担当者からご連絡を差し上げます。
  2. ACSUにログインして,研究者総覧更新画面を開きます。→詳しくはこちら
  3. WebまたはExcelのいずれかの方式で入力します。→詳しくはこちら
    researchmapに転送するデータは,「researchmap転送フラグ」にチェックを入れます。→詳しくはこちら
  4. 入力日の夜間にresearchmapへ転送されます。
※研究者総覧からのデータ転送を中止したい場合

researchmapに直接入力したいなどの理由で,研究者総覧からのデータ転送を中止したい場合は,次の2つの設定を行ってください。

  1. researchmap操作マニュアルの手順に従って,所属機関の事務員の権限を「1: ダウンロードを許可」に設定してください。
  2. 研究者総覧の「researchmapへの入力データの提供」を「提供しない」に変更してください。
(b) researchmapからの入力(準備中)

researchmapに直接入力します。入力した情報を,研究者総覧に取り込むこともできます。

※researchmapのデータ項目

お問い合わせ先

附属図書館情報システム担当
library-soar2@shinshu-u.ac.jp