信州大学

ActivityActivity

中田助教の論文がPhysics Centralで紹介されました。

2016.11.02


本研究の原理を示す概念図
対称性の破れたチェッカーボードが裏側の世界へ遷移する

 環境・エネルギー材料科学研究所 光デバイス部門の中田陽介助教の「チェッカーボードの双対性を光の操作へ応用する論文」が Physical Review Applied に掲載され、物理の国際的ブログ Physics Central に紹介されました。
家具や床、靴、お菓子、2020年東京オリンピックのロゴに至るまで幅広く使用されているチェッカーボード模様が最先端の光学デバイスにも使われたと紹介されています。

論文が掲載されたPhysical Review Applied は、世界の物理学者が論文掲載を目指すアメリカ物理学会の雑誌Physical Review が最近になって世に送り出したオンラインジャーナルです。物理を工学へ橋渡しする論文を掲載しています。


Physics Central紹介記事
Manipulating Light by Checkerboard
掲載論文
"Anisotropic Babinet-Invertible Metasurfaces to Realize Transmission-Reflection Switching for Orthogonal Polarizations of Light"