HOME > 機器紹介 > 動物実験部門設置機器 > 小動物画像診断システム

機器紹介

動物実験部門設置機器

小動物画像診断システム

小動物核磁気画像観察装置

・1-2Tの磁場強度を持ちマウス、ラットの内部、特に柔部組織を非観血的に観察できる。

・水平、矢状、垂直スライス(3D-SE)が可能。

規格 DS ファーマ MRminiSA
利用料金(円) 5,000/h

蛍光イメージング装置

・生体内の発光・蛍光をCCDカメラにより最小10×10μmの分解能で検出できる。

・3.5×3.5~26×26cm(マウス5匹程度)の範囲のサンプルが測定可能。

規格 ベルトールド NightOWL Ⅱ LB983
利用料金(円) 5,000/h

エコー画像診断装置

・30μmの空間分解能があり、マウスの心血管系異常を非観血的に観察できる。

・造影剤を用いれば2-3μmの毛細管レベルまで検出できる。

・マウス胎児から発生学的に生理学的評価が可能。

規格 プライムテック Vevo2100
利用料金(円) 5,000/h

お電話・FAXでのお申込み・お問い合わせ

信州大学 研究推進部研究支援課
TEL: 0263-37-3528 FAX: 0263-37-3049

フォームでのお申込み・お問い合わせ

お申込み・お問い合わせ

ページの先頭へ