HOME > 機器紹介 > 機器分析部門設置機器 > 電子顕微鏡用試料作製システム

機器紹介

機器分析部門設置機器

電子顕微鏡用試料作製システム

加圧凍結装置

・2100barまで加圧可能。

・高圧凍結時の硝子様凍結距離は約200μm。

・0℃から-50℃までの冷却時間は15ms以下。

・凍結可能な最大試料サイズは半径6mm。

規格 Leica EM HPM100
利用料金(円) 1,000/h

凍結切削システム

・試料送りはステッピングモーター駆動、全送り量は200μm以上、0.1nm~15μmの範囲で微小送り。

・振動のない重力落下方式。

・切削厚さは1nmから15μmであること。

・低温切削作製装置は-185℃~-15℃の温度制御機構、氷晶防止モード、クライオ・ウエット法モード。

・液体窒素を用いた冷却システム。

・グリッドに切削切片を取り付けるマイクロマニュピレーター。

・静電気を除去させる蓄電機能、切削した試料をグリッドに貼り付ける放電機能。

規格 ウルトラミクロトーム Leica EM UC7i 低温切削作製装置 EM FC7
利用料金(円) 1,000/h

凍結置換装置

・液体窒素を用いた冷却機構で140℃~+70℃の範囲で設定可能。

・試料処理時間は0分~99時間59分の範囲でプログラム可能。

・同時処理試料数20個。

規格 Leica EM AFS2
利用料金(円) 1,000/回

クロスセクションポリッシャ

・Ar(アルゴン)ガスを用いたイオンミリングで加速電圧は1~6kV可変可能。

・加工半値幅は400μm、ミリングスピードは100μm/h。

・試料サイズは11mm(幅)×10mm(長さ)×2mm(厚さ)。

・試料移動範囲はX軸:±3mm、Y軸:±3mm以上で試料傾斜は±25°。

規格 日本電子 SM-09020CP
利用料金(円) 1,000/h

オスミウムコーター

・多試料蒸着を均一に高純度オスミウム金属被膜を形成する同心円状電極。

・試料はφ32mmSEM試料台では6個以上装填可能。

・蒸着源輻射熱の試料が熱ダメージを受けない。

規格 メイワフォーシス/Neoc-AN
利用料金(円) 400/h

ハンディラップ

・電子顕微鏡用試料研磨装置

・試料を貼付ガラスにワックスで固定し,研磨する

・マイクロメーター付き
規格 日本電子 HLA-2
利用料金(円) 1,000/h

お電話・FAXでのお申込み・お問い合わせ

信州大学 研究推進部研究支援課
TEL: 0263-37-3528 FAX: 0263-37-3049

フォームでのお申込み・お問い合わせ

お申込み・お問い合わせ

ページの先頭へ