カリキュラムカリキュラム

  1. HOME
  2. カリキュラム
  3. 教育学部向けカリキュラム

育学部向けカリキュラム

初級CST 認定について

初級CST養成プログラム修了に必要な単位=6単位

教育学部の提供する講座を6単位取得することによって、初級CST養成プログラムが修了します。
学生は信州大学・教育委員会が実施する3講座(各2単位)を受講します。そして、卒業時におけるレポートと模擬授業実践を修了します。
初級CST養成プログラムを修了し、レポートと模擬授業実戦を修了した学生のうち、小学校ないしは中学校で常勤あるいは非常勤にて勤務した者に対して初級CSTが認定されます。
教職についた後は、信州大学・教育委員会が実施する理科研修講座(=上級CST養成プログラム)を受講し、10単位を取得した場合、「上級CST」への道が開かれます。

コマ数とポイント

教育学部にはコマ数の計算もポイントの計算もありません。
指定の3講座を受講して、6単位認定を受けることによって、初級CST養成プログラムが修了し、初級CSTの認定を受けるためのレポートと模擬授業実践の段階に移ることができます。

受講の流れ

担当教員より詳細な説明があります(2.3.4年次のガイダンス)

受講を希望される方は教育学部CST事務局へお申し込みください。
後初級CSTの資格取得に向けて必要な3講義を受講してください。

初歩実験技術習得講座

担当教員 三崎 隆
英文授業 ScienceEdcation
単位数 2単位
講義期間前期

不定期(モジュール方式)

対象学生 2・3・4年生
講義室 西校舎W506(ガイダンス,リフレクション)及び附属松本中学校,附属長野中学校,附属長野小学校
授業形態 講義・実験観察備考
授業のねらい 小・中学校で理科の授業を実践する上で必要な基礎実験力や初歩的な観察実験技術を修得することを目的とする。
学生が到達すべき目標
  • 毎日の理科授業の展開に当たって、心得ておくべき基礎的な留意事項
  • 物理的領域,化学的領域,生物的領域,地学的領域に関する基礎的内容
  • 観察,実験に係わる基礎的スキル
  • 観察,実験に係わる安全教育
  • 観察、実験に係わる教材,教具の基礎情報と操作技術
  • 科学的な見方考え方を育む観察,実験の在り方
授業内容とその展開

講座の内容

① 3月30日,31日 オリエンテーション

② 選択講座(15コマ)   ※次の中から5講座を卒業までに選択。

  • 5月12日(金)
  • 長野中研究会(理科公開・授業検討会〔授業者と語る会〕) 3コマ分(無料)

  • 10月12日(木)
  • 松本中研究会(理科公開・授業検討会〔授業者と語る会〕) 3コマ分(無料)

  • 11月17日(金)
  • 松本中研究会(理科公開・授業検討会〔授業者と語る会〕) 3コマ分(有料)

  • 7月28日(金)   9:00~14:30
  • 学部での長野中教員による講義(中学校内容:W503) 3コマ分(無料)

  • 7月28日(金)   9:30~15:00
  • 長野小(理科研修講座)「⑥小学校理科の教材紹介」 3コマ分(無料)

  • 8月2日(水)   9:30~15:00
  • 長野小(理科研修講座)「⑦小学校実験クラブに役立つ物作り」 3コマ分(無料)

  • 理科研修講座(上級CST養成プログラム)
  • パンフレット 講座No.①~⑤、 ⑧~㉕、 ㉞が対象

    ※日時・会場・コマ数についてはパンフレット参照

    理科研修講座(上級CST養成プログラム)の①~⑤,⑧~㉕,㉞の中のもの講座を加えて15コマ以上としても可。ただし、過去に受講された講座と同じテーマ・内容の講座を受講された場合は、コマ数にカウントされません。(会場までの移動費用は自己負担)

 

成績評価 各講座における議論,観察,実験の記録
履修上の注意 講義の内容について事前によく調べておくとともに,終了後に関連する内容について探究するようにする

理科フィールド演習I a

はじめに 本講義は、平成21年度理数系教員(コア・サイエンス・ティチャー)養成拠点構築事業採択の信州大学企画テーマ「理科の伝道師としての専門性と実践力を支援する教員養成プログラム」に則って実施される「理科フィールド演習Ia(2単位)です。本講義の単位を取得することによって、コア・サイエンス・ティーチャー基礎資格認定のための単位を取得することができます。
ねらい 小・中学校で理科の教育臨床演習を体験することによって、理科授業を展開する理科教員としての基礎力を養う。
担当教員 三崎 隆
単位数 2単位
対象学生 4年生
実施時間帯 水曜5限(16時20分~17時50分)※ガイダンス、リフレクションのみ
会場 西校舎W503室(ガイダンス、リフレクションのみ)及び附属長野中学校、附属長野小学校
シラバス

4月5(水)  オリエンテーション

②~⑧ 前半の臨床実習  (7回)

⑨  7月28日(金) リフレクション・レポートの提出

⑩~⑮ 後半の臨床演習  (6回)

⑯  1月31日(水) 最終レポート提出

※臨床実習に際しては、臨床実習シートを事前に実習校に届ける。

※最終レポートには、「臨床実習の実際の内容、臨床実習を通して学んだこと、今後理科教員として勤める上で必要不可欠なこと」に関して、A4版1枚程度のレポートを退出する。

 

具体的な方法
  1. 実施総括者は、前半の臨床実習前に実習生の臨床実習シートを回収し、実習校に届ける。
  2. 実施総括者は、前半の臨床実習を行うに当たり、実習校から臨床実習の内容についての要望を集約する。
  3. ※臨床実習の内容は、理科授業の観察・実験の準備、授業中のサポート、後片付け、実験室・準備室内の環境整備、教材研究(含飼育・栽培、下見)等

    ※実習校からの要望は、月末までに翌月の日時、内容等を実施総括者宛に連絡してもらう。

  4. 実施総括者は、実習から要望のあった臨床実習の内容を、受講生に周知する。
  5. 受講生は、実施統括者に連絡し、臨床実習の日程を調整する。
  6. 受講生は、実習校で前半の臨床実習を行う。(毎回出勤簿へサイン,現地集合・現地解散)。
  7. 受講生は、リフレクション・レポートに必要事項を記載の上、提出する。
  8. 実施統括者は、後半の臨床実習前に臨床実習シートを回収し、実習校に届ける。
  9. 後半の臨床実習を行う(上記②~④)。
  10. 受講生は、期日までに必要事項を記載した臨床実習シートとレポート(A4版1枚)を提出する。
その他
  •  
    • 受講生身だしなみを整えてスーツを着用し、筆記用具,内履き,名札を持参する。
    • 実習校までの移動手段は自家用車,自転車等を可とする。(附属長野中学校のみ)が、道中の安全には十分る留意する。
    • 附属学校の1単位時間を学部1コマとしてカウントする(たとえば、附属長野中学校の1限に行ってきた場合は1コマ,1,2限に行ってきた場合は2コマとしてカウントする)。
    • 10コマ以上の臨床実習をすることとする。

    • 学校到着時及び学校出発時に、それぞれ職員室に行って、教頭先生に挨拶をする。

 

最新の科学情報(2単位):集中講義(会場は随時連絡します)

 

最先端の自然科学の内容を学ぶことによって、理科教育における高度な専門性を修得します。