CITI Japan プロジェクトの活動は、2017年3月をもって終了いたしました。
CITI Japan e-leaning教材は、2017年4月より、一般財団法人公正研究推進協会 (APRIN)が運営いたします。詳細はAPRINのウェブサイトをご覧ください。
  1. HOME
  2. スタッフ紹介
  3. 信州大学

スタッフ紹介スタッフ紹介

信州大学

福嶋 義光

福嶋 義光FUKUSHIMA Yoshimitsu

大学卒業後、小児科医として診療する中で、先天異常症、その中でも染色体異常症や先天奇形症候群に興味をもち、臨床遺伝学の道に進みました。 現在、日本人類遺伝学会をはじめいくつかの遺伝医学関連の学会の理事長を務めており、わが国における遺伝医療の充実のための活動を行っています。

PROFILE
所属 信州大学 
専門分野 遺伝医学・予防医学
経歴 昭和52年 3月 北海道大学医学部医学科卒
昭和52年 5月 北海道大学医学部附属病院小児科研修医
昭和53年 4月 釧路赤十字病院小児科医師
昭和54年10月 国立療養所道北病院小児科医師
昭和55年10月 北海道大学医学部附属病院小児科医員
昭和56年 9月 神奈川県立こども医療センター遺伝科医員
昭和60年 4月 埼玉県立小児医療センター遺伝科医長
昭和61年 5月 米国ニューヨーク州立ロズウェルパーク記念研究所人類遺伝部客員研究員
昭和63年 4月 埼玉県立小児医療センター遺伝科医長
平成 7年 4月 信州大学医学部教授
平成12年 4月 信州大学医学部附属病院遺伝子診療部長(兼任)
平成17年 4月 信州大学医学部学部長補佐
平成18年10月 信州大学医学部副学部長
平成23年 6月 信州大学医学部長
平成23年10月 信州大学副学長
市川 家國

市川 家國ICHIKAWA Iekuni

23年間にわたって米国の臨床・研究・教育を経験して後、帰国。その後、急速に変遷する米国の医療・医学を時間差なく捉えるべく、日米を頻繁に往復。そして米国において2000年に始まった教員篤志家によるネットを通じた研究者倫理教育運動(すなわちCITI Program)に研究者の立場で参加。その中で教育内容のグローバル化の必要性を痛感して、わが国におけるネット教育システムの基盤づくり、更にはアジア諸国でのシステム構築に力を注いできた。

PROFILE
所属 信州大学 
専門分野 生命倫理学・小児科学・内科学
経歴 1972年 慶応義塾大学医学部卒
1972-1975年 北里大学病院小児科病棟医
1975-1976年 カリフォルニア大学医学部内科学研究員
1976-1985年 ハーバード大学医学部内科学・小児科学研究員-准教授
1985年 - バンダービルト大学医学部小児科学・内科学・生命倫理学教授
1998-2012年 東海大学医学部小児科学・生命倫理学教授
2012年 - 信州大学特任教授

野内 玲NOUCHI Rei

PROFILE
所属 信州大学 
専門分野 科学哲学

本間 利夫HONMA Toshio

PROFILE
所属 信州大学 

スタッフ

倉石 直久KURAISHI Naohisa

PROFILE
所属 信州大学 医学部 副学部長(事務担当)

勝野 清KATSUNO Kiyoshi

PROFILE
所属 信州大学 医学部 CITI Japan プロジェクト事務局 主査(大学院係)

斉藤 雅博SAITOH Masahiro

PROFILE
所属 信州大学 医学部 CITI Japan プロジェクト事務局 会計担当

戸谷 秀一

PROFILE
所属 信州大学 医学部 CITI Japan プロジェクト事務局 コーディネーター

具志堅 茉莉江GUSHIKEN Marie

PROFILE
所属 信州大学 医学部 CITI Japan プロジェクト事務局
スタッフ紹介
CITI Japan 機関登録・コース追加 申込みはこちら
導入・ご検討のご相談・お問い合わせは お問い合わせはこちら
CITI Japan 教材への意見募集はこちら