CATEGORY

ARCHIVE

平成31年3月1日 航空機システム共同研究講座修了生研究発表会を開催

学生教育 航空機装備品

 平成31年3月1日(金)、飯田市環境技術開発センター第8回研究成果発表会及び信州大学航空機システム共同研究講座修了生研究発表会が南信州・飯田サテライトキャンパス講義室にて飯田市工業課により開催されました。

 2部構成による本発表会の第1部では飯田市環境技術開発センター入居企業4社による研究成果が発表されました。
 続いて行われた第2部の信州大学航空機システム共同研究講座修了生による研究発表会では、信州大学航空宇宙システム研究センター長の佐藤敏郎教授の挨拶から始まり、信州大学航空機システム共同研究講座の柳原正明教授が同講座の内容や取組みについて説明しました。その後修了生の研究発表として、大石みちるさんが「複合航法アルゴリズム性能検証のための基準軌道作成の効率化」、Kelvin Lai Siong Ongさんが「低透磁率磁心を用いた広帯域EMIフィルタに関する研究」の論文を発表しました。最後に同センターの曽根原誠准教授が航空基盤研究(落雷検知センサ)の発表と同講座のカリキュラムを説明しました。

 当日は企業の皆様、教職員約20名の方が参加され、熱心にご聴講されていました。発表後の質疑応答も活発に行われ、航空機システム共同研究講座の内容と第1回修了生の成果を知っていただける良い機会となりました。