工学部図書館 工学部図書館

教職員向け利用案内

工学部図書館では、工学部キャンパスに所属されている教職員のみなさまを対象に、以下のサービスを実施しています。

図書の購入について

申込方法

図書の申込方法は、資料購入・文献複写(教職員向け)をご覧ください。
※図書館による財務会計システムへの代行入力は行っておりません。購入依頼データは必ず教職員自らご入力ください。なお、購入依頼一覧の印刷・提出は必要ありません。

検収方法

図書館は図書資料の検収センターとなっております。研究費で図書を購入した場合は必ず図書館による検収を受けてください。

図書が納品されましたら、速やかに図書館で検収を受けてください。
併せて、検収の前後どちらでも構いませんので、購入依頼データの入力をお願いします。なお、会計による検収は必要ありません。

検収後の管理について

備品の場合 資産扱いの図書となるため、図書館の蔵書として登録後に研究室貸出を行います。納品の際に登録のため資料をお預かりし、後日お引渡します。また、年一回資料の管理状況を報告していただくことになっておりますので、その際はご協力お願い致します。(長期貸出図書の点検について参照)図書は異動・退職時に図書館へすべてご返却ください。また、使用の必要がなくなったときには随時図書館までご返却ください。
消耗品の場合 納品・検収後そのままお渡しします。その後の点検等はありません。なお、消耗品扱いの図書も図書館の蔵書ですので、使用の必要がなくなったときには図書館に返却してください。

雑誌・新聞について

外国雑誌・電子ジャーナルの購読申込・中止方法

外国雑誌の場合、契約の都合上、年単位(1月-12月)での購読のみとなっております。毎年6月に全教員宛のメールで翌年の購読調査を行いますので、その際に新規購読や購読中止の申込をしていただく形になります。

外国雑誌・電子ジャーナルの価格について

図書館を通して雑誌を購読する場合、信州大学という組織としての契約になります。
外国雑誌の場合、組織購読価格は個人購読価格より高めの設定になっている場合がほとんどですのでご注意ください。金額について知りたい場合は、雑誌担当者までお問い合わせください。
また、電子ジャーナルの場合、工学部全体から閲覧できるサイトライセンスという形が一般的ですが、この場合契約額は個人で契約する場合と比べてかなり高額となりますのでご注意ください。

和雑誌・電子ジャーナルの購読申込・中止方法

和雑誌の場合、特定の申込期間はありませんので、基本的にいつでも新規購読・中止ができます。ただし学会誌等は年度単位(4月-3月)での契約になります。申込に際し特定の書式はありませんので、メールでご希望をお知らせください。なお発注の都合上、開始・中止時期には1号分程度の誤差が発生する場合がありますので、ご承知おきください。

学会誌の購読申込・中止方法

学会誌の場合、申込はいつでも受付けておりますが、契約は年度単位のものがほとんどです。次年度の購読や中止を希望される場合は、前年度の2月頃までに雑誌担当者へご連絡ください。学会誌の購読料が学会費に含まれている場合は、学会費として支払いが可能です。学会費としての扱いを希望される場合は、工学部の会計担当者へご相談ください。

新聞の購読申込・中止方法

一般紙の場合、月単位での購読申込・中止が可能です。雑誌と同様にメールでご希望をお知らせください。業界紙等では年間契約になるものもありますので、雑誌担当者にご相談ください。

購読雑誌・新聞の引渡しについて

新聞は各学科の建物へ直接配達されますので、購読申込の際に希望配達先をお知らせください。
雑誌は図書館で検収後、庶務の各学科メールボックスへ配布します。

問合せ先

工学部図書館 担当:城倉(内線:5083)

文献複写・現物貸借について

文献複写・現物貸借については 工学部図書館にない資料の利用 をご覧ください。

予算について

運営費 使用可能です。
受託(共同)研究費 四半期ごとに支払処理を行うため、研究期間、予算残高にご注意ください。
寄付金 予算残高にご注意ください。
科研費 文献複写・現物貸借では使用できません。
私費 文献が届きましたらご連絡しますので、会計で料金をお支払いください。会計で発行された領収書と引き換えに文献をお渡しします。

研究室の学生が教員の予算で申込む場合

研究室ごとに依頼用のIDを作成します。研究室所属の学生が教員の予算(研究費)で文献複写・現物貸借を申し込む際は、こちらのID/パスワードでログインしてください。

申込方法

研究室文献複写・現物貸借依頼用ID申込書 (26KB) にご記入の上、図書館まで提出してください。申込書提出後、図書館でIDとパスワードを発行します。こちらのIDで「MyLibrary」にログインしますと、研究室の学生が教員の予算で申し込むことができます。

※教員ご自身がお申込みになる際には、研究室用のIDは必要ありません。ACSUのIDとパスワードで「MyLibrary」にログインしてお申込みください。

申込後の流れ

文献複写・現物貸借のお申し込み後は、図書館で調査・依頼し、他機関から文献・図書を取り寄せます。複写文献が届きましたら、学内便で研究室へ送ります。現物貸借の場合は、メールでご連絡しますので、図書館事務室までお越しください。

問合せ先

工学部図書館 担当:白石(内線:5086)

長期貸出図書(研究室貸出図書)の点検について

研究費(大学運営資金、外部資金)で購入し、信州大学の資産(備品)として登録されている図書(製本雑誌を含む)には、図書ID番号(備品番号)・請求記号ラベルが装備されています。
これらの図書は「信州大学附属図書館管理規定(平成16年5月1日信州大学規定112号)」第6条2項により、管理者(貸出中の図書は使用者)が定期的に検査を行うことが定められています。

図書館ガイダンスの申し込み

詳しくは 図書館ガイダンスの申し込みについて をご覧ください。

My Libraryについて

My Library とは、信州大学附属図書館を利用する教職員、学生、院生等々のみなさまの個人専用サイトです。図書購入依頼状況の確認、図書館貸出図書の確認、貸出期間の延長などのサービスをご利用いただけます。

詳しくは My Libraryをご覧ください。

利用できるサービス

My Libraryでは、通常のサービスのほかに、教職員向けの以下のサービスを利用できます。

  • ILL文献複写・借用の依頼・申込状況確認
  • 教員お勧め本の推薦
  • 研究室貸出資料の確認

My Libraryのご利用方法は、 オンラインヘルプ をご覧ください。