信州大学HOME

  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 【1】免許状更新講習の受講について

よくあるご質問

【1】免許状更新講習の受講について

1 信州大学の教員免許更新講習について知りたいのですが

募集要項は本ホームページから閲覧できます。→「募集要項
必要な方には冊子をお送りしますので,角2の封筒に250円切手を貼付した返信用封筒を本センターまで送付してください。
受講の流れについては,本ホームページのお申し込み・受講方法でもご確認いただけます。

2 自分の修了確認期限を知りたいのですが

旧免許状をお持ちの方は、文部科学省ホームページ「修了確認期限をチェック」で確認できます。新免許状をお持ちの方は、教育委員会から授与されたお持ちの免許状に記載の「有効期間」にてご確認ください。

3 免許状更新の申請に必要な受講時間を教えてください

必修領域を6時間以上,選択必修領域を6時間以上,選択領域を18時間以上,あわせて30時間以上受講・修了する必要があります。

4 平成28年度から導入の「選択必修領域」について教えてください

平成28年4月から,これまでの「必修領域」の内容及び時間数が見直され,新たに「選択必修領域」が導入されました。
<改正前> 必修領域12時間,選択領域18時間
   ↓
<改正後> 必修領域6時間,選択必修領域6時間,選択領域18時間

5 他の大学等の更新講習とあわせて受講しても構いませんか

更新講習は,複数の大学等で受講しても問題ありません。

6 複数の免許状を持っている場合,どの免許状の種類をもとに更新講習を受講すればよいのですか

「必修領域」及び「選択必修領域」については、どのような免許状を持っている場合でも、それぞれの領域で開設されている講習の中から、定められた時間数(6時間以上)を満たすように講習を選びます。

「選択領域」については、新免許状(平成21年4月1日以降に初めて授与された免許状)と旧免許状(平成21年3月31日以前に授与された免許状)の場合で扱いが異なります。

<旧免許状の場合>現在就いている職又は今後就くことを希望している職(対象職種(免許種))に対応した講習を18時間以上受講・修了することで、複数の免許状(対象職種(免許種)が異なる場合を含む。)を全て更新することができます。

<新免許状の場合>対象職種(免許種)に対応した講習をそれぞれ18時間以上受講・修了することが必要となります。ただし、1つの講習が教諭、養護教諭、栄養教諭の複数の対象職種(免許種)に対応したものであれば、当該講習をもって教諭、養護教諭、栄養教諭の複数の免許状の更新をすることができます。

7 幼稚園教諭の免許状を持っていますが,現在,保育園(所)で保育士として勤めています。更新講習の受講はできますか

幼稚園教諭免許状を有している保育士で,認定こども園,認可保育園(所)または,幼稚園も設置している者が設置する認可外保育園(所)で勤務している方は更新講習受講対象者となります。

8 免許状を持っていますが,教職に就いたことはありません。更新講習を受講しなければなりませんか

教職に就いていない方の場合は,受講の義務はありません。ただし,今後,教職に就くことを希望する場合は,事前に30時間以上の免許状更新講習を受講して,各住所地の都道府県教育委員会に申請することが必要となります。

9 現職教員ではないのですが、証明者は誰になるのでしょうか

以下の表でご確認ください。
受講対象者であることの証明について(PDF)

10 必修講習の(E)と(C)の違いは何でしょうか

開設部局が異なります。(E)は教育学部、(C)は教職支援センターの教員が担当します。

page top