2015.8.5信州毎日新聞 カーボンナノチューブ電線共同開発 実用化へ研究

微細な炭素繊維「カーボンナノチューブ」を使った電線を電線大手の古河電気工業(東京)と共同開発しました。

カーボン科学研究所と古河電工は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業で2011~13年度に基礎研究に着手し、カーボンナノチューブ電線の開発にこぎつけたことが評価され、本年度から2年間、NEDOの補助事業として電線製造をシステム化する事業に取り組みます。

前へ一覧に戻る