装置一覧

高速比表面積測定装置

ナノカーボン材料の作製分野

基本仕様

【力の測定範囲】0?127kPa(950mmHg)
【分解能】0.133Pa(0.001mmHg)
【評価に適した試料】ナノ粒子等

概要・用途

窒素またはアルゴンなど気体プローブを用い、ポアを有する材料の比表面積やポアサイズ分布を確認する装置です。主な測定手法として、以下の方法が挙げられます。

1)BET法(比表面積)
2)DR、DA法(ミクロポア分析)
3)BJH法(メソーポア分析)
4)DFT法

このページの先頭へ