繊維学部機械・ロボット学系の橋本稔教授が山洋電気株式会社及び株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズと共同で開発した生活動作支援ロボティックウェアcurara®(クララ)がニュージーランドの地元紙 “The New Zealand Herald” で紹介されました。

脳卒中患者のための動作支援ロボットの開発についての記事の中で、curara®とオークランド大学バイオエンジニアリング研究所が開発したセンサーを用いて動作解析をしている様子が紹介されています。

http://m.nzherald.co.nz/technology/news/article.cfm?c_id=5&objectid=11556636