関係者 各位

先鋭領域融合研究群全体で初めて取り組むプロジェクト、「近未来体内埋め込み型歩行アシストサイボーグプロジェクト」のキックオフシンポジウムを下記の日程で開催することとなりました。
本プロジェクトは、信州大学で高い研究実績を誇る医療機器開発/脳神経疾患治療/運動機能評価技術(医)とロボット/バッテリー/カーボン/ファイバー技術(工・繊維)を結集した、日本初の医工繊維連携プロジェクトです。現在開発が進んでいる歩行アシストロボットと非接触充電バッテリーを小型・軽量・高性能化し、骨髄内釘手術を応用して体内に埋め込むサイボーグ技術を開発いたします。
お忙しいところ恐縮ではございますが、ご出席賜れば幸いです。また、シンポジウム終了後には懇親会の開催も予定しております。別添の申込書をご利用の上、お申込みいただきたくお願い申し上げます。


プログラム

【シンポジウム】

日 時 : 平成27年7月16日(木) 13:30 ~ 16:30
会 場 : 信州大学 繊維学部 総合研究棟7階ミーティングルーム1 (386-8567 長野県上田市常田3-15-1)

開 会  13:30

進行:信州大学産学官・社会連携推進機構URAセンター長 杉原 伸宏

1.開会
2.挨拶
    信州大学長 山沢 清人
    信州大学研究担当理事 武田 三男
    信州大学先鋭領域融合研究群長 濱田 州博
    文部科学省国立大学法人支援課
    国立研究開発法人科学技術振興機構産学連携展開部
3.プロジェクトの概要
    バイオメディカル研究所長 齋藤 直人
4.ロボティックウェア「curara(R)」開発経緯、研究計画、実機デモンストレーション
    国際ファイバー工学研究所 教授 橋本 稔
5.神経疾患患者の実装研究計画
    医学部神経難病学講座 特任教授 吉田 邦広
6.骨髄内釘手術の実際
    医学部保健学科 准教授 青木 薫
7.バッテリー開発計画
    環境・エネルギー材料科学研究所長 手嶋 勝弥
8.閉会の挨拶
    国際ファイバー工学研究所長 高寺 政行
9.記念撮影
                                      
閉 会  16:30

【懇親会】※企業や行政等にご所属の方で懇親会に参加希望の方は添付の申込書をご利用の上お申し込み下さい。

時 間 : 16:45 ~ 18:15
会 場 : 信州大学繊維学部 マルベリーホール

※懇親会参加者は、1人3,000円を当日会場にて頂戴いたします。


連絡先:信州大学バイオメディカル研究所
  清水 則子
    390-8621 長野県松本市旭3丁目1番1号
    電話 0263-37-3548 FAX 0263-37-3549
    E-mail biomedical@shinshu-u.ac.jp