来る平成29年1月18日に、第6回バイオメディカル研究所国際シンポジウムを開催致します。
今回の国際シンポジウムは、平成28年度、上海交通大学Bio X研究院と信州大学先鋭領域融合研究群との間で締結された学術協定を記念して開催されるものです。この学術協定は、上海交通大学Bio X研究院のWeidong Li (李衛東) 教授の研究室とバイオメディカル研究所神経難病学部門の間で行われている共同研究が発展したもので、当面の具体的目標としては、信州大学で扱っているシナプスタンパク質の異常と神経疾患との因果関係を、遺伝子改変動物モデルを作成して解明しようとするものですが、より広い教育研究の見地から交流協定を結んでおり、将来的には、現在の共同研究目標の枠を超えた交流を目指し、両組織の研究のさらなる発展をめざすものです。
今回は、上海交通大学のある上海市内の大学及び研究施設に在籍する神経科学、医学生物学の研究者が来日する機会を利用して、信州大学において、シンポジウムを通じて研究交流を行うものです。中国側から4人の研究者の、神経難病学部門からは2名の研究者から講演をいただきますが、今後もこのようなシンポジウムを複数回開催する計画があります。テーマは特定のものに限局せずに比較的広くし、まずはお互いの研究を紹介することにより、今後の研究交流の糸口を見つけることが出来れば、と考えております。
学術交流を締結した信州大学先鋭領域融合研究群のスタッフの皆様に有益なシンポジウムになる事を願ってやみません。

バイオメディカル研究所神経難病学部門
鈴木 龍雄


日時: 2017年1月18日(水)13:30~17:00
場所: 信州大学旭総合研究棟9階 講義室A・B
主催: 信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所

●プログラム

13:30 - 13:35  開会挨拶・開催趣旨  鈴木 龍雄 (Tatsuo Suzuki) 信州大学

13:35 - 14:05  講演1 「Harnessing the power of stem cells as tools for discovery」
              王 媛 (Yuan Wang) 華東師範大学
14:05 - 14:35  講演2 「Gene therapy for glaucoma」
              何 士剛 (Shigang He) 上海交通大学

14:35 - 14:45  休憩

14:45 - 15:15  講演3 「The role of chloride co-transporter in epileptogenesis」
              王 雲 (Yun Wang) 復旦大学
15:15 - 15:45  講演4 「Drug delivery to the brain for functional modulations」
              徐 宇虹 (Yuhong Xu) 上海交通大学

15:45 - 15:55  休憩

15:55 - 16:25  講演5 「シナプス後肥厚部に結合するmRNAの精神疾患への関与」
              白井 良憲 (Yoshinori Shirai)、鈴木 龍雄 (Tatsuo Suzuki) 信州大学
16:25 - 16:55  講演6 「脳の微小回路でのシナプス接着分子Neuroliginの異常と自閉症との関係」
              田渕 克彦 (Katsuhiko Tabuchi) 信州大学

16:55 - 17:00  閉会挨拶  李 衛東 (Weidong Li) 上海交通大学


※参加無料・申込不要

ポスター (PDF: 2.3MB)


【問合せ先】
信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所
〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
TEL:0263-37-3548
E-mail:biomedical@shinshu-u.ac.jp