ホーム >

総合健康安全センター

総合健康安全センター
写真:附属施設

安全で快適なキャンパス(就業)環境にするための要望・意見等について

本学の第二期中期目標に「安全で快適なキャンパス環境及び就業環境の整備を推進する。」を掲げて取組んでまいりましたが、今後もさらに安全で快適なキャンパス環境、就業環境にするため、建物の耐震化やバリアフリー化などの安全対策は施設担当部署において必要な改修を順次行っています。また、部局ごと産業医や衛生管理者が定期的に職場巡視をして、問題があるところをその都度改善していますが、細部まで把握するには限界があります。

そこで、職場で常に業務を行っている皆様に何か問題がないか、改善してほしい箇所(ハード面)や事項(ソフト面)はないか要望や意見等をお寄せいただくこととしました。いただいた要望・意見等は関係部署で検討し、極力必要な改善を行います。

つきましては、キャンパス環境に関する問題点や要望など気が付いたことがありましたら、下記によりお寄せください。
さらに、現在行っています「ヒヤッ」とした「ハッ」とした体験(ヒヤリハット)についても、今回の取組みに含めることとしましたので、そのような体験がありましたら下記により報告してください。
なお、氏名の記載については、いただいた要望・意見により改善等を行った際、その結果を本人宛に返信することとしていますので、できるだけ記入願います。

また、この取り組みの提出から改善、報告までのフロー(流れ)は、下記のとおりとします。
この取組みは継続して行っていきますので、より良い実効性のあるものとなるよう、この取組みに対する意見等もあわせてお寄せください。
本学のキャンパスが安全で快適な環境となるようご協力願います。

キャンパス環境の問題点や要望

キャンパス内の施設や設備等のちょっとした問題点(ハード面)やこのようにしたら快適に仕事ができるのにと感じている点(ソフト面)などをお寄せください。
(例1)○○学部○○棟1階の廊下を夜間暗い中歩いていて、廊下に置いてあるものにぶつかりそうになったため、自動的に点灯する照明をつけて欲しい。
(例2)異動により通勤時間が長くなったため、勤務時間の割振りを変更し、始業時間を遅らせて欲しい。

「ヒヤッ」とした、「ハッ」とした体験

日常の業務や活動の中で、もしかしたら重大な事故になったかもしれない、「ヒヤッ」とした、「ハッ」とした危険な事例がありませんか。実際に事故になって現れる災害件数は氷山の一角で、その背後には事故に至らなかったヒヤリハット事例が多く存在するといわれています。これらを収集し、その情報を共有することで、危険に対する意識を高めることができます。
(例1)構内を自転車で移動中、落ち葉の積もっていた箇所でハンドルが取られ転倒した。
(例2)実験室で電気装置のコンセントを入れようとした時、コンセントが老朽化していたため、コンセントから火花が出た。

要望・意見等の提出方法

メールによる場合

下記メールアドレスあて、要望・意見書(wordファイル)をお送りください。
要望・意見書の書式によらず、メール本文に要望・意見を記載していただいても結構です。
送付先:kenkouc-yb@shinshu-u.ac.jp

書面による場合

要望・意見書(wordファイル)に記入の上、総合健康安全センターへご提出ください。

入力フォームによる場合

下記のフォームに入力の上、最後に「確認」ボタンを押してください。
印は必須項目です。必ずご入力ください。

お名前
所属
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
要望・意見記載欄

 

安全で快適なキャンパス(就業)環境にするための改善、
報告までのフロー