日高 芙美

失敗を恐れずチャレンジ精神を大切に!!

短期留学

日高 芙美さん

農学部 森林科学科
留学種類:交換留学
留学期間:2016 年 9月 ~ 2017 年 8月
留学先:ドイツ ライプツィヒ大学

留学先大学について

 ライプツイッヒ大学は大学付属の語学学校(inter Daf)があり、私はドイツ語が殆ど話せない状態でドイツに行ったので、語学学習のサポートシステムがしっかりしていることは大変ありがたかったです。また、ライプツイッヒ大学には日本語学科があるので、日本に興味のある学生も多く交流が盛んだと思います。日本人もかなり沢山いる大学だと思いますが、日本人の友人を介してドイツ人や他国の友達の輪が広がる機会も多かったです。授業については、留学生用の語学コースが充実しており、ドイツ語を勉強したい人は最適であると思います。しかし専門分野の講義には殆どアジア系の留学生はいないうえに、ドイツ人向けの講義で、早くて高度なドイツ語で授業が進むのでなかなかついていくのが大変でした。

学習面について

 始めの半年は語学学校で毎日午前中4時間半勉強しており、授業の復習予習もあり毎日かなりハードに勉強していました。この半年でドイツ語力はかなり伸びましたが、その他留学中にやりたかったことや自分の専門に関する学習までは余裕がなく、手が出せないでいました。後半半年は語学学校には通わず、交換留学生として大学の講義と大学のドイツ語の語学コースを受講していました。ライプツイッヒ大学には自分の専門である農学部がないため、だいぶ悩んだ時期もありましたが、自らアポを取ってドイツ各地の農場や興味のある企業、イベントを見に行ったりして専攻分野の興味関心が深まったとともに、新しい知識や情報も大いに入手できたと思います。

生活について

 ライプツイッヒは非常に便利な町であり、生活に不便さを感じることはなかったです。寮や銀行の手続きなども初めは心配だったのですが、他に留学生が多いことなどもあり、特に大きなトラブルはなくできました。何か困ったことがあれば、日本語学科のドイツ人に相談するのが良いと思います。色々心配しなくても周りに助けてくれる人は沢山いると思います。
 反省としては、日本に提出しなければいけない書類等をしばしば締め切り後になって提出したことがあり、留学中であっても日本との連絡を怠らないように注意したほうがよいと思います。

留学で得たこと

 一言で言うのは難しいですが、やりたいと思ったことはためらわずに、面倒に思わず挑戦するべきだと思います。留学中悩んだり、成果が出せず落ち込むこともありましたが、そうした経験から学んだことが多く、失敗を通して自分が成長したと感じる経験も多かったです。留学中に自分を見つめ、色々考え行動したことで自分の専門分野への研究意欲も高まり、帰国後も今まで以上に専攻の研究に夢中で取り組んでいきたいと思います。

後輩へのアドバイス、信州大学へのメッセージ等

 少しでも留学に興味がある人は是非行くことをお勧めします。私は留学を決めたのはかなり遅いほうだと思いますが、1年間とにかく充実していて後悔したことは一度もありません。なかなか計画や目標の100%を実現できないかもしれませんが、結果もですがそれよりそれに向かって努力した過程で、以前と違う自分になっているとふと気づくことがありました。あまり結果に縛られずに今できることを精一杯取り組んでください。
また、私は農学部の学生ですが、松本のキャンパスまで行かないとドイツ語の継続的な学習や留学生との交流が難しいので、他のキャンパスでももっと国際交流や語学学習の環境を整えていただけたらありがたく思います。