菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター(CFMD)第2回シンポジウム
「次代を拓く!菌類・微生物ダイナミズム」を開催!

2017年11月14日(火)13:00-18:00
信州大学上田キャンパス 総合研究棟7階ミーティングルーム にて

上田キャンパスにおいて盛大に開催!

2016年101日に発足しました菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター(CFMD)は、この度創立一周年を迎え、第2回シンポジウム〜次代を拓く菌類・微生物ダイナミズム〜を開催いたしました。今回のシンポジウムでは、濱田州博 学長ご臨席のもと、CFMD関連イベントとしては、初の上田キャンパスでの開催となりました。基調講演では、下坂誠 教授(繊維学部長)よりChitiniphilus shinanonensis(キチン分解細菌)のご研究について、ご講演を賜りました。また招待講演では、山本博規 准教授(繊維学部)より、枯草菌を対象に研究を進められた、テイコ酸による細胞壁・細胞膜の修飾機構についてご講演頂きました。さらに、山田明義 准教授、片山茂 准教授、新井亮一 准教授の三部門長をはじめとして、7名のCFMD構成員から、最新の研究トピックス・研究プロジェクトの紹介を行いました。

開会の挨拶

濱田州博 信州大学学長

当日は、100名を超える来場者がありました!

基調講演

下坂 誠 教授(信州大学繊維学部長)

「微生物研究のおもしろさキチン分解細菌を探し求めて


Chitiniphilus shinanonensis(キチン分解細菌)の発見に至るエピソードも交えて、微生物研究の面白さをお話し下さいました。

招待講演

山本 博規 准教授(信州大学繊維学部)

「枯草菌細胞壁の合成・修飾・分解機構の解明」

枯草菌を対象に研究を進められた、テイコ酸による細胞壁・細胞膜の修飾機構についてご講演頂きました。

活発な討論が展開されました

一般講演

山田 明義 准教授(CFMD菌類共生科学・資源利用科学部門/部門長)

「地域資源としてのきのこを高度・多面的に活用した新たな社会モデルの構築」

一般講演

野﨑 功一 准教授(CFMD菌類共生科学・資源利用科学部門)

「糸状菌セルラーゼの誘導機構の解明と酵素生産量の増強に向けて」

一般講演

齋藤 勝晴 准教授(CFMD菌類共生科学・資源利用科学部門)

「難培養共生真菌の培養への挑戦」

一般講演

片山 茂 准教授(CFMD生体調節統合制御部門/部門長)

「認知機能低下予防に資する食品成分の探索」

一般講演

田中 沙智 助教(CFMD生体調節統合制御部門)

「野沢菜漬けの発酵過程における細菌叢の変化と免疫機能への影響」

一般講演

新井 亮一 准教授(CFMD超分子複合体部門/部門長)

「人工タンパク質ナノブロックによる自己組織化超分子複合体の創製」

一般講演

下里 剛士 准教授(CFMD超分子複合体部門)

「乳酸菌オリゴDNAを有効成分とする経口用ナノカプセルの開発研究」

ポスター発表/情報交換会

上田キャンパス・マルベリーホール/18:00-20:30

シンポジウム終了後は、マルベリーホールに会場を移して学生さんによるポスター発表/情報交換会を開催しました!

濱田州博学長による開会の挨拶
下坂 誠 繊維学部長による乾杯のご発声


活発な討論が行われました!
優秀ポスター賞:七種真衣さん(教育学部)
優秀ポスター賞:杉村隆さん(大学院総合理工学研究科)

集合写真