キックオフシンポジウムを開催しました(信州大学伊那キャンパスにて)2016年12月22日

菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター(CFMD)キックオフシンポジウム開催!

 菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター(CFMD)キックオフシンポジウムを開催しました。

 当日は、大学関係者をはじめ、県内外より菌類・きのこ・微生物を扱う食品メーカーの研究員の方など、126名の来場者がありました。白鳥 孝 伊那市長に御臨席を賜り、タイ・チュラロンコン大学のTanapat Palaga博士による記念講演、また、報道機関による取材等もあり、大盛況のうちに終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
 今後とも、菌類・微生物ダイナミズム創発研究センターに対しまして、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

記念写真

主催者挨拶

中村 宗一郎

信州大学 理事(研究, 産学官・社会連携担当)・先鋭領域融合研究群 群長



主催者挨拶

藤田 智之

信州大学 農学部長



来賓挨拶

伊那市長 白鳥 孝 様

キックオフシンポジウムには、伊那市長 白鳥 孝 様のご臨席を賜りました。お言葉の中で「自然豊かな伊那谷から、世界から注目されるような菌類・微生物研究が発信されることを願う」と、本研究センターに対する期待を述べられました。

センター長 挨拶・概要説明

下里 剛士

菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター センター長

記念講演

Dr. Tanapat Palaga

Department of Microbiology, Faculty of Science and Center of Excellence in Immunology and Immune-mediated Diseases,
Chulalongkorn University

Vaccine Delivery System for Bacterial Infectious Diseases using Nanoparticles

菌類共生科学・資源利用科学部門 部門紹介

山田 明義

部門長



生体調節統合制御部門 部門紹介

片山 茂

部門長



超分子複合体部門 部門紹介

新井 亮一

部門長