西4階病棟

産婦人科、小児科(NICU)、小児科(GCU)

病棟の紹介

西4階病棟
師長西病棟4階は、産科婦人科、NICU・GCUがある病棟です。周産期がメインの病棟で、長野県の地域周産期母子医療センターの一つでもあります。
ここ数年は分娩数が増加し、年間800件程度の分娩があります。また、一つの病棟に産科とNICU・GCUがあることで、分娩緊急時の小児科医の立ち会いをはじめ、NICU・GCUにお子さんが入院されても、お母さんも同じ病棟に入院していますので、情報共有や連携がスムーズに行えます。
治療・ 診療内容
産科:
分娩期 経膣分娩、帝王切開
産褥期 乳房ケア、育児指導
妊娠期 切迫早産、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、妊娠糖尿病、双胎など
NICU・GCU:
早産・(超、極)低出生体重児、呼吸障害、羊水感染症など
妊孕:
採卵、胚移植
ベッド数
産科・婦人科34床、NICU9床、GCU12床
勤務体系
3交替勤務

病棟の特徴

ひとこと

■スタッフからのここがお勧め
教育体制が整っており、メンバー全員で教育活動に取り組んでいます。
個性豊かなメンバーが多く、一人ひとりの個性を活かせる環境となっています。

■師長からのひとこと
助産師、看護師、看護補助者の総勢約60名の病棟です。分娩数が年間800件を超えるようになりました。助産師は、分娩介助はもちろん、ハイリスク管理の必要な妊婦のケアにあたることができます。また助産外来を担当する助産師も数名います。看護師はNICU・GCUで呼吸管理が必要な児のケアを行ったり、退院間近になった児には退院支援を計画したり、必要時地域との連絡をとりあってサポートを考えています。
メンバーは前向きで、向上心がある人たちが多く、活気があって、明るい雰囲気の病棟です。周産期医療に興味がある助産師、看護師の方、また学生さんは一度見学にお越しください。

NICU(新生児集中治療室)

NICUは新生児集中治療室といって、早産などで小さく産まれた赤ちゃんや出生時元気がなかった赤ちゃんが入院しています。新生児集中ケアの認定資格を持った看護師がいますので、ディベロップメンタルケアを意識しながら、赤ちゃんにとって快適なケアをめざしています。

NICUの様子NICUの様子NICUの様子