東6階病棟

呼吸器センター(呼吸器外科、呼吸器・感染症内科)

病棟の紹介

東6階病棟
師長当病棟のスタッフは、看護師30名、看護助手2名の32名です。そのうち4名が男性看護師です。慢性呼吸器疾患看護認定看護師やがん性疼痛看護認定看護師が1名ずつおり、1/3のスタッフが呼吸療法士の資格を取得しています。
経験年数1~3年目までの若い看護師が1/3を占めていますが、みな、呼吸器センターとしての看護の専門性を発揮するために、日々頑張っています。
疾患
肺がん・縦隔腫瘍などの悪性疾患、慢性閉塞性肺疾患、気胸・膿胸、喘息、肺炎、肺水腫など
治療
抗がん剤を用いた化学療法、外科的手術、放射線療法、ドレナージ、酸素療法・在宅酸素療法導入など

病棟の特徴

私達の病棟は「呼吸器センター」として、呼吸器感染症内科、呼吸器外科の慢性期、急性期、終末期の患者さんへの治療、看護を行なっています。重症から検査入院、急変、退院支援まで幅広い呼吸器看護を経験できます。
また、他職種ともチームワークがよく、呼吸ケアに対する包括的リハビリテーションを行なっています。呼吸器の専門病棟ですので知識のレベルアップができ、看護に自信とやりがいがもてる病棟です。

ひとこと

東6階呼吸器センターで、まず一緒に看護の基本を考えましょう。
スタッフ全員で明るく楽しく、仕事に取り組める環境を作りたいと考えています。
お待ちしています。