チーム医療に参加する看護師

信州大学医学部附属病院では、患者さんを中心としたチーム連携での医療に取り組んでいます。
他業種の方たちで組まれたチームの中で看護師としてのスキルを発揮します。

チーム医療の要となる看護師

多職種連携によるチーム医療

患者さんやそのご家族を支えるため、さまざまな職種の職員が連携しあっています。
患者さんの外来・通院、入院治療から在宅復帰まで、切れ目のないケアを提供するために、看護職員はチーム医療の要として活躍しています。
また、当院では、入職時から多職種間の交流の場があり、壁のない円滑なコミュニケーションをとれることが自慢のひとつです。

外来~入院~退院までの多職種連携の流れ

Scene1「外来受付」 Scene1「外来受付」

総合案内には看護師が待機し、来院された患者さんが円滑に診療を受けることが出来るよう対応しています。

Scene2「外来」 Scene2「外来」

わずかな時間の中から必要な情報を収集しアセスメントを行い、在宅での生活の確認や療養指導を行っています。

Scene3「診察」 Scene3「診察」

安全な外来診療の介助や治療方針の決定、その後の意思決定を支援しています。

Scene4「入院説明」 Scene4「入院説明」

入院生活に関する患者さんへの十分な説明を行い、必要な情報は病棟看護師へ繋いでいます。

Scene5「入院」 Scene5「入院」

安全で快適な入院生活がおくれるよう、患者さんやご家族との情報交換に努めています。

Scene6「手術」 Scene6「手術」

手術室へは医師と看護師が同行し、手術部の看護師へ患者さんの情報を確実につなぎます。

Scene7「退院支援」 Scene7「退院支援」

療養の継続に関する検討を多職種で行い、患者さんご家族への退院支援を適切に行うと同時に必要な在宅療養につなげます。

呼吸サポートチーム(RST)

呼吸サポートチーム看護師

看護師は各コメディカルとの調整や呼吸ケアプランの提供と伝達等の役割を果たしています。活動の実際として呼吸ケアラウンドや、呼吸ケアスキルの向上の為の勉強会を開催しています。

感染対策チーム(ICT)

感染対策チーム看護師 感染管理認定看護師として、
感染対策チーム(ICT)の中心となり活動しています。
認定看護師養成にも病院、看護部の支援体制が整っています。
看護師としてはもちろん、専門的な能力を伸ばしたいと考えている方などお待ちしています。

栄養サポートチーム(NST)

摂食・嚥下障害看護認定看護師

嚥下機能に障害がある患者さまが、より安全により楽しく食事摂取ができ、適切な口腔ケアを受けられるように心がけています。信大病院の看護師全体が知識を持ち、対象となる全ての患者様やご家族の思いに対し、専門分野の知識を活かした看護を提供できるように調整することが私の役割です。

退院支援チーム

退院支援チーム看護師

急性期の治療を終えた患者様が、病気や障害を抱えながらも新たな療養の場で、安全に・安心して自立した自分らしい生活を送ることができるように、多職種と連携したチーム医療に取り組んでいます。

呼吸サポートチーム

呼吸サポートチーム看護師

安全で質の高い呼吸ケアの提供と医療レベル向上を目的として、呼吸ケアを必要とする患者さんと担当スタッフに対して診療支援を医師・理学療法士・臨床工学技士とチームを組んで行っています。

糖尿病サポートチーム

糖尿病サポートチーム看護師

糖尿病サポートチームは、糖尿病看護認定看護師1名と糖尿病療養指導士10名を含むメディカルスタッフのチームです。専門的知識を活かし、患者家族やスタッフに対する糖尿病教育活動や支援を目的に活動しています。

先輩看護師一覧