病院概要

本院は、特定機能病院として高度な医療水準で医療の発展に寄与するとともに、
地域医療機関の中心的存在として県民の健康管理と医療の指導的立場を担っています。

病院長あいさつ

患者さんと一番触れ合うことが多くなる皆さんには、看護力とともに、命の尊さと心身の痛みがわかる看護師になって欲しいと心から願っています。当院はこのための研修及びフォローアップ体制を整え、スタッフナースとしての自立をサポートしています。医療は一人では成し得ません。患者さんに関わる大勢のスタッフが皆で治療にあたらなければなりません。一人一人がそれぞれの役割を確実に果たし、協力し合い、質の高い医療の提供を目指しましょう。志をもった皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

病院長 本郷一博

病院の目標

・心の通い合う、透明性の高い医療を行い、病気の予防・診断・治療に全力を尽くす。
・患者さんが社会復帰できるよう支援する。
・地域における医療と福祉の向上に寄与する。
・命の尊さと心身の痛みがわかる人間性豊かな医療人を育成する。
・未来の医学・医療を創造し、その正価を国内外に発信する。

病院の概要

本院は、特定機能病院として高度な医療水準で医療の発展に寄与するとともに、地域医療機関の中心的存在として県民の健康管理と医療の指導的立場を担っています。
大学病院として質の高い医療を提供するだけではなく、安全な医療を推進し、職員一人ひとりの創意・工夫を生かして病院の組織・運営 の改善を絶えず行い、国際的な視野に立った、最新の医療と総合的・全人的医療を実施できる体制の構築に取り組んでいます。
また、高度救命救急センター、先端心臓血管病センター、先端医療推進センターを設置し、先進的医療を行い、一方で地域医療連携室を設け、地域の保健・医療・福祉施設などとも綿密な連携を図っています。
小児医療、産科医療とも綿密な関連をもつ『遺伝子診療部』『子どものこころ診療部』が設置されており、最新の医療技術・医療情報の提供と患者・家族の心理的側面にも配慮した医療を実践しています。

開設
1949年5月
病床数
707床
(一般613床、精神40床、高度救命救急センター20床、ICU10床、NICU9床、GCU12床、RI3床)
職員数
全職員数1,797人 看護職員763人(平成27年4月1日現在)
配置基準
特定機能病院入院基本料7対1、急性期看護補助体制加算50対1
患者数
(26年実績)
・入院患者数:1日平均 625人/日
・外来患者数:1日平均 1,543人/日
手術件数
年間7,654件
分娩件数
年間937件

交通案内

病院案内図
大きなサイズで見る(PDF)

●お車利用の方

東京→松本
中央自動車道・長野自動車道(松本I.C)
名古屋→松本
中央自動車道・長野自動車道(松本I.C)
大阪→松本
名神高速道・中央自動車道・長野自動車道
飛騨高山→松本
国道158号線・安房トンネル

●JRご利用の方

東京→松本
JR中央東線(新宿から特急あずさ)
名古屋→松本
JR中央西線(名古屋から特急しなの)

●松本駅からのアクセス(バス・タクシー)

1.
バスターミナル1番線から「信大横田循環線」バスにて「信州大学前」下車(約15分)
詳しくはアルピコグループのホームページをご確認ください。
2.
松本駅お城口バス停から「北市内線」バス(西まわり)にて「信大病院玄関前」下車(約20分)
3.
松本駅からタクシーで約10分

信州大学医学部附属病院Webサイト

平成30年 包括先進医療棟がオープンします

高度な医療をより多くの患者さんへ
平成30年 包括先進医療棟オープン高度急性期病院としての医療提供体制の整備として、平成30年に新棟がオープンします。
ハイブリット手術室を完備した手術室の増室やICUの増床、周産期医療の拡充(分娩、MFICU、NICU、GCU、妊孕)等、組織や施設の整備を準備しています。