ホーム > 臨床試験センター便り

臨床試験センター便り

第17回臨床研究支援センター公開セミナーを開催いたします

来月は第17回臨床研究支援センター公開セミナーを開催いたします。
基調講演は東京女子医科大学心臓血管外科教授の山崎健二先生に、「植込型補助人工心臓EVAHEARTの開発・治験・承認、市販後の改良について」の講演をしていただきます。
山崎先生は諏訪のご出身で、北海道大学医学部ご卒業後は東京女子医科大学日本心臓血圧研究所循環器外科に入局、ピッツバーグ大学留学後、東京女子医科大学日本...

続きを見る

オープンルームの開催について

臨床研究支援部門では、先月に引き続き、今月も5月27日(水)10:00~16:00にオープンルームを開催します。
先月行った第1回オープンルームでは計10件のご相談をいただき、改めて臨床研究に関する関心の高さと相談窓口の必要性を実感しました。

この機会に臨床研究に関する日頃の疑問(プロトコールの書き方は?どの指針に対応するの?匿名化ってどうするの?統計手法はこれでい...

続きを見る

信州大学 倫理審査体制

臨床研究は対応する指針等によって申請する各種委員会が異なります。
倫理審査体制図はこちら

続きを見る

臨床研究に適応する、新倫理指針が施行

臨床研究に適応する、新倫理指針が施行されました。
2015年4月から、人を対象とする臨床研究に関する指針が疫学研究に関する指針と統一して、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」として新たに施行されました。新指針では大きく以下のような変更点があります。
・資料の保管期間が規定された
(侵襲かつ介入を伴う研究は、終了後5年又は結果の最終公表後3年の遅い日まで) 続きを見る

キックオフシンポジウム アンケート結果

キックオフシンポジウムのアンケート集計したところ、今回は院内からの参加は医師の比率が高く、センターへの期待として、講演会の開催が一番多いという結果になりました。(グラフはこちら)
多数の貴重なご意見を今後のセンターの方向性として、より良い支援が可能となるように努力していきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。

続きを見る

第16回公開セミナー キックオフシンポジウム 開催報告

臨床研究支援センターは臨床研究を実施する体制を強化するため、従来の臨床試験センターから2014年10月1日付けで組織改組をしました。新体制の発足にあたり、キックオフシンポジウムを1月26日に開催いたしました。公開セミナーとしては16回目になりましたが、130名程度の皆様にご参加いただきました。

はじめに 五十嵐 隆副センター長から新体制を紹介させていただき、特別講演として「安...

続きを見る

第16回臨床研究支援センター 公開セミナー キックオフシンポジウムを開催します

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

臨床研究支援センターは臨床研究を実施する体制を強化するため、従来の臨床試験センターから2014年10月1日付けで組織改組をしました。新体制の発足にあたり、今月キックオフセミナーを開催いたします。是非皆様ご参加ください。


記<...

続きを見る

臨床研究支援センター発足に寄せてご挨拶

続きを見る

製造販売後承認の薬剤

続きを見る

組織変更しました

信州大学医学部附属病院では、従来の「臨床...

続きを見る

臨床試験センター便り

月別に見る