ホーム > 一般の方へ > 治験のはなし

治験のはなし

CRC; clinical research coordinator臨床研究コーディネーター(治験コーディネーター)

治験を中心とした臨床研究に関する専門的な知識を持ち、患者さん、医師、治験依頼者(製薬企業など)のかけはしとなって治験、臨床研究の進行をサポートする専門スタッフです。当院では全員が薬剤師、看護師または臨床検査技師の国家資格を持っています。患者さんが安心して参加してもらえるよう相談窓口となり、医師をサポートする役割を持っています。

  • 治験について分かりやすく説明します。
  • 無理のないようにスケジュールを調整します。
  • 検査にご案内し、診察に付き添います。
  • 治験薬の服薬方法を説明します。
  • どんな小さな不安でも相談できる環境を作ります。

治験とは

人に効果があるか、安全であるかを調べることを「臨床試験」といいます。その中でも国から「薬」として認めてもらうために行われる臨床試験を「治験」と呼びます。治験は新しい治療を受けるチャンスでもありますが、未承認の薬を使用する試験でもあります。

治験のルール

治験は患者さんの人権や安全性、プライバシーを守るため、また科学的にデータを集めるために「医薬品の臨床試験の実施に関する基準:GCP」と「薬事法(薬に関するルール)」という厳しいルールに基づいて行われます。そのルールに沿って正しく行われているかを確認するため、治験審査委員会が治験薬や治験実施計画などを確認して審議します。

新しい薬ができるまで

「くすりの候補」からひとつの新薬が生まれ、患者さんの手に渡るまでには
10年以上の歳月が必要です。なかでも治験の期間は長く、3〜7年がかかります。

治験の申込方法と流れ