ホーム > 臨床試験依頼者の方へ > 臨床試研究支援センターのご案内

臨床研究支援センターのご案内

信州大学医学部附属病院、臨床研究支援センターの特色

信州大学医学部附属病院の特色

診療、教育、研究を遂行する大学病院としての役割を有し、長野県で唯一の医師育成機関であり、長野県全域に関連病院を持ち、地域の核となる病院として機能しています。さらにがん拠点病院に選定されており、新設された信州がんセンターと包括的がん治療学講座とともにがん診療の充実が図られています。また長野県では信州メディカルネットが当院医療情報部などを中心に整備されており、患者の同意のもと、県内の主要な病院と双方向性の情報交換が可能な状況です。このような環境のもと、信州大学医学部附属病院臨床研究支援センターは治験、臨床研究を推進していきます。

スタッフ

治験事務局には資格を有する専任スタッフと事務補佐のスタッフが合計5名常駐しています。CRCは全員が看護師や検査技師または薬剤師の資格を有します。またそのうち、3名は臨床薬理学会認定CRCの資格を有しており、質の高い治験支援を行う体制を整えています。(2014年10月現在)

大学病院臨床試験アライアンス

治験を含む臨床試験において高い実績と治験推進の強い志を有する大学病院が連携・協力関係を結び、安全かつ効率的な臨床試験の実施体制を整備して国際共同試験を実施することを目的として発足しました。東京大学、東京医科歯科大学、群馬大学、千葉大学、新潟大学、筑波大学、山梨大学、信州大学の附属病院が参加しています。

面会について

申し込みは、事前に電話もしくは電子メールで行ってください。申し込み予約順に予定を入れさせていただきます。12:00〜13:30の面会はご遠慮願います。