ホーム > センターについて > 臨床研究支援センターのあゆみ

臨床研究支援センターのあゆみ

臨床研究支援センター沿革
平成13年1月11日院内措置で治験管理センターを発足
初代センター長 皮膚科 斎田俊明 教授
平成15年4月文部科学省の認可を受け治験管理センターが正式に設立
第二代センター長 薬剤部 大森 栄 教授
平成15年9月副センター長 松本和彦 講師(現 准教授) 着任
平成16年9月日本医師会 治験促進センター 大規模治験ネットワークに登録
平成17年6月信州治験ネットワークALPSの創設 治験管理センターが事務局となる
平成17年11月先端医療推進センターが設立。TR臨床試験支援業務を治験管理センターが担当
平成19年2月大学病院臨床試験(UHCT)アライアンスに参加
平成19年3月臨床試験センターに名称変更
平成26年10月臨床研究支援センターに名称変更
第三代センター長 皮膚科 奥山 隆平 教授