教育学部案内2016-2017|信州大学
7/40

3年次4週間3年次は4週間にわたる教育実習を経験していきます。当教育実習は臨床経験の中心をなすものであり、義務教育の現場で児童生徒の育成に直接関わることを通して、教育の目的や内容や方法を学び、教師としてのベースを身につけていきます。4年次2週間4年次では、3年次とは校種(小学校・中学校の別)をかえて教育実習を実施し、実習や省察を通して、初等・中等教育の一貫性について理解を深めます。また、演習科目を通し、4年間の学習履歴を振り返り、教職に求められる力量の補充と目指したい教師像の確立を支援していきます。臨床体験臨床体験教育実習Ⅰ(教育実習事前・事後指導)教育実習Ⅱ(教育実習事前・事後指導)1年次から4年次にわたり、さまざまな体験を行えるカリキュラムを組んでいます。大学内外の教育現場で学べるよう学部教員全員が連携して指導するほか、附属学校園や公立の小・中学校、その他の教育機関との協力体制がとられています。※全校種、全教科の免許が取得可能です。ただし、時間割や教科の組み合わせ、受入体制などによる制約があります。□ 教育学部で取得可能な教育職員免許状幼稚園教諭一種免許状小学校教諭一種免許状中学校教諭一種免許状(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)高等学校教諭一種免許状(国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、保健体育、家庭、英語)特別支援学校教諭一種免許状(教育領域:知、肢、病)【その他の資格】 ・学校図書館司書教諭 ・社会教育主事06

元のページ 

page 7

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です