教育学部案内2016-2017|信州大学
38/40

卒業後の進路公務員・民間企業などへの就職を希望する学生のためのサポートは、信州大学キャリア教育・サポートセンター(学生支援課)による就職ガイダンスなど、多数行われています。就職する②教員以外への就職□ キャリア支援について□ 教員以外の就職状況キャリア教育・サポートセンターでは就職活動の支援を行うだけでなく、学生が目的意識を持ち、自立した学生生活を送り、自分に合った人生設計ができるような支援も行っています。また専門のカウンセラーを配置し、就職相談や進路(=キャリア形成)などのアドバイスを行っています。□ 主な支援内容就職活動を展開する上でのさまざまな悩みの解決就職に関する情報提供や就職活動の進め方、提出書類の添削、面接対策など個別就職相談(カウンセリング)県内外企業・官公庁合同説明会を開催学内合同企業(官公庁)説明会開催就職活動に関する情報提供、企業・業界研究就職ガイダンス開催低年次生向け講座・イベントの実施キャリア形成支援長野市役所、長野県学校事務職員、長野県警察、松本広域消防局、飯田児童相談所、東京都港区役所、名古屋国税局 他長野県社会福祉事業団、(独)国立病院機構まつもと医療センター 他公務員医療・福祉施設信州大学、国立信州高遠少年自然の家、(株)アイキューブ、長野県信用組合、(株)電算、(株)八十二銀行、明治安田生命、日本生命、長野県体育協会 他民間企業等進学する大学院□ 特色と構成教育学研究科は学校教育専攻(修士課程)と高度教職実践専攻(教職大学院)の2専攻です。それぞれの課程の専攻(専修・コース)ごとに学生募集を行います。学校教育や臨床心理に関するより高度な専門性と豊かな実践力を修得し、専門性と実践とを有機的に往還させながら臨床現場において指導的な立場に立つことのできる高度な教育専門職業人を目指します。[取得できる免許](臨床心理学専修を除く)・幼稚園教諭※ ・小学校教諭※ ・中学校教諭 ・高等学校教諭・特別支援学校教諭※の各専修免許状が取得できます(一種免許状所有者に限る)。※教科教育専修で取得を目指す場合、十分な見通しを持った計画的な履修が必要です。学校教育専攻(修士課程)複雑で多様な教育現場の課題に対応できる教育実践のプロフェッショナルの養成を目指します。実践的指導力を高めるため、学校現場をフィールドとした授業科目を開設するとともに、近隣の公立学校・教育学部附属学校に教育研究の場を設け、大学教員が訪問して協働で問題解決を図る「学校拠点方式」を導入していることが特徴です。[取得できる免許]・幼稚園教諭 ・小学校教諭 ・中学校教諭 ・高等学校教諭の各専修免許状の取得が可能です。高度教職実践専攻(教職大学院)学校教育専修臨床心理学専修教科教育専修専攻名学校教育専攻(修士課程)専修名教職基盤形成コース高度教職開発コース専攻名高度教職実践専攻(教職大学院)コース名教育学研究科37

元のページ 

page 38

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です