教育学部案内2016-2017|信州大学
27/40

現代教育コース野外教育コース国語教育コース英語教育コース社会科教育コース数学教育コース理科教育コース音楽教育コース図画工作・美術教育コース保健体育コースものづくり・技術教育コース家庭科教育コース特別支援教育コース心理支援教育コース家庭科教育コース学校教育教員養成課程生活をつくる(作る、営る、創る)力を育む[授業紹介][カリキュラム]本コースは、家庭科教員に必要な専門的な知見と能力を身につけるとともに、生涯にわたる生活を計画し、 QOL(quality of life)の向上を考える力を持つ教員の養成を目的としています。「生活」はさまざまな事象から成り立つために、広範囲な科学領域からの接近方法により教育・研究を行っています。また、人間生活と社会や環境との相互作用をふまえながら、家庭生活を中心とした人と人、人と物との関係のより良いあり方を、人類の福祉の実現に向けて追究しています。家庭科の食生活の授業に実験を組み入れることを念頭に授業を進めています。日常生活でよく用いられている食品を題材にした実験を行い、食品に含まれる成分や栄養素の性質について理解を深めます。食物学実験家庭科住生活領域に関して、住居と風土のかかわり、空間の意味、住居の役割など、主に住居計画の基礎を学びます。また、図面の種類について学んだ後、実習として住宅の平面図の作成を行います。住居学基礎家庭科教育の理論を基に実践的指導力を高めるため、教材開発、指導法、評価計画など、主に家庭科指導の基礎を学びます。また、特定地域の中学1年生男女を想定した模擬授業も行います。家庭科教育特論家庭科教育コースでは、小学校教諭一種免許状取得および中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)取得のためのカリキュラムが用意されています。本コースのカリキュラムの中心は、家庭科教育学と家庭科の教科指導内容である5つの領域(家庭経営学、被服学、食物学、住居学、保育学)から構成されています。1年次では、教養科目および導入的な内容を学びます。2年次から中等家庭科指導法や被服学基礎、住居学基礎、食物学基礎をはじめとする基礎的な教科指導内容を幅広く学ぶことになります。3年次では、さらに理論や実践を深めます。これらの理論や実践は、教員として必要不可欠な知識や技能で、教育実習の際にも重要なものとなります。4年次で今までの学修をさらに発展させ、卒業研究へとつなげていきます。また、これらの学修と並行して、小学校教員免許取得のための科目履修も必要となります。Messagefrom Student家庭科教育コース 3年(長野県 佐久長聖高等学校出身)武野 早恵さん中学生の頃、ある先生と出逢い、以来、私は家庭科教師になりたいという夢を持っています。その夢を叶えるため、どこがいいかと考えた末の選択、それが信州大学でした。家庭科の基礎となる家庭経営学、被服学、食物学、住居学、保育学の5つの領域を学ぶとともに、1年次から学校現場や社会教育施設など、学内外の充実した学びを通して、夢に向かって一歩、一歩、進んでいきたいと思っています。中学生の頃からの家庭科の先生になりたいという夢をかなえるための選択が信州大学だった26※在籍する学年、および内容は平成27年インタビュー当時のものです。

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です