内部監査室 詳細説明
大学案内

内部監査室 詳細説明

設置目的

本法人の業務の有効性及び効率性並びに業務処理の適法性及び妥当性について、公正かつ客観的な立場で検討及び評価し、その結果に基づく情報の提供及び業務の是正又は改善のための助言、提言等を行うことにより、本法人の業務の適正かつ効率的な運営を図り、もって本法人の発展に寄与することを目的として、平成18年4月1日に設置されました(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第2条)。

監査の対象

内部監査は、監査目的を達成するために必要な次に掲げる事項に関し、本法人の業務全般にわたって行います(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第3条)。

  •   1 業務の有効性及び効率性並びに業務処理の的確性等に関する事項
  •   2 法令遵守の管理及び維持体制並びに倫理関係規程等の遵守体制に関する事項
  •   3 その他学長が必要と認める事項

監査の種類

次の2種類です(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第4条)。
定期監査:監査実施計画に基づき、定期的に実施します。 臨時監査:学長が特に命じた事項又は内部監査室長が必要と判断した事項について臨時に実施します。

監査計画

監査を適正かつ効果的に実施するため、原則として、あらかじめ監査計画を策定します(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第10条)。
監査計画は、年度監査計画及び監査実施計画に分けて策定します。

年度監査計画

内部監査室長は、事業年度ごとに年度監査計画を策定し、学長の承認を受けます(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第11条)。

監査実施計画

内部監査室長は、監査の実施に当たり、年度監査計画に基づき、その都度監査実施計画を策定し、学長に報告します(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第12条)。

内部監査報告書

内部監査室長は、監査終了後速やかに、監査の結果を記載した内部監査報告書を作成し、学長に報告します(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第18条)。

業務改善等の指示

学長は、監査結果報告により業務の是正又は改善のための措置が必要と判断したときは、内部監査室長を通じ当該監査対象部局の長に対して、業務改善等の指示を行います。
監査対象部局の長は、業務改善等の指示を受けたときは、速やかに当該措置等を講じ、その結果を書面により指定された期日までに内部監査室長に回答しなければなりません。
内部監査室長は、業務改善状況等の回答があったときは、当該措置状況等を取りまとめ、学長に報告します(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第19条)。

監査年度報告書

内部監査室長は、年度ごとに、当該年度における監査結果全般にわたる報告書を作成し、学長に報告します(国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程第22条)。

関連規程等

 国立大学法人信州大学内部監査室内部監査規程