ホーム > 大学案内 > 目標・計画・評価・監査 > 監査情報 >

信州大学組織に関する規則(抜粋)

信州大学組織に関する規則(抜粋)
大学案内

国立大学法人信州大学組織に関する規則(抜粋)

趣旨

第1条 この規則は、国立大学法人法(平成15年法律第112号。以下「国大法」という。)の定めるところにより、信州大学を設置することを目的として設立された国立大学法人信州大学(以下「本法人」という。)の組織並びに業務執行及び執行権限に関し必要な事項を定める。

役員等

第4条 本法人に、国大法第10条の規定に基づき、次の各号に掲げる役員を置く。

  • 一 学長
  • 二 理事 6人
  • 三 監事 2人

監事の職務

第9条 監事は、本法人の業務を監査する。

  • 2 監事は、監査の結果に基づき、必要があると認めるときは、学長又は文部科学大臣に意見を提出することができる。
  • 3 この規則に定めるもののほか、監事に関し必要な事項は、別に定める。

監事の権限

第21条 監事は、監査の実施に当たり、本法人の役員又は職員に対して、必要に応じ質問をし、事実の説明を受け、又は必要な資料の提出を求めることができる。