ホーム > 製品化事例 > 耳鼻咽喉科用 自動内視鏡消毒器

耳鼻咽喉科用 自動内視鏡消毒器

*開発企業*

チヨダエレクトリック株式会社(千曲市大字新田124) http://www.chiyoda-electric.co.jp/

*製品紹介*

【特徴】
①観察用内視鏡の挿入部だけでなく操作部も薬液による消毒が可能です。そのため感染リスクの軽減に繋がります。
②運転音を一段と抑えた静音設計により、外来診察室でも騒音を気にせず診察が可能です。
③全工程最短13分で処理が可能です。消毒作業の効率化と負担軽減がはかれます。

④ワンタッチで全工程を全自動で行います。
【適用内視鏡】耳鼻咽喉科用観察軟性内視鏡又は硬性内視鏡
【消毒方法】消毒液浸漬による内視鏡外周部の消毒
【サイズ(㎜)】W320×D375×H1068(転倒防止ブラケット取付寸法 W550×D550×H1068)
【重量】30kg

【型式】SED-1

*開発経緯*

2010年 信州大学附属病院と信州メディカル産業振興会よりニーズ提案を頂き、開発に着手。
2011年 試作第1号機の開発に成功。以後、静音化・小型化・操作性向上に取り組む。
2013年 製造販売認証取得。販売開始。

*共同開発者*

信州大学医学部耳鼻咽喉科学講座 教授 宇佐美 真一先生 、准教授 工 穣先生

ph_SED1_160209_2.jpgchiyoda_shoudoku2-1.JPG