ホーム > 信州メディカル産業振興会とは > 設立趣意書

設立趣意書

「信州メディカル産業振興会(Shinshu Medical Industry Association:SMIA)」
設立趣意書

 長寿社会を迎えた我が国においては、医療・健康・福祉に対する意識の高まりに併せ、病気や怪我の診断や治療、健康の増進、福祉の拡大といったメディカル領域に関連する産業の重要性が増しています。

メディカル関連産業の特長として、医学や科学技術等の発展と連動して最新の知識に基づいた製品が開発されること、新興国を含めて世界的な市場が年々増大していること、それに加え、人間生活において必要不可欠ともいえる製品特性から、景気動向に比較的影響を受けにくいこと等が挙げられます。

この様な背景から、長野県地域の産業界、大学、行政は、共に将来の成長分野としてメディカル領域を強く意識しており、地域におけるメディカル産業の大きな発展が期待されています。

 しかしながら、基礎研究や基盤研究等で得られた成果をメディカル関連製品に有効活用して実用化するためには、関連した法律や指針に従って実施する動物実験や臨床研究と、そこから得られる医学的エビデンスに基づいた、製品の有効性と安全性の両立が必須です。同時に、メディカル関連製品は販路が限定される場合が多く、国際市場を常に視野に入れながら個々の研究・開発を進めることも重要です。これらの解決には、研究の初期段階から大学や研究機関と企業が連携すること等、基礎から臨床応用に至る各関係者・専門家間での技術交流、情報交流が不可欠です。

 そのため長野県地域では、産業界、大学、行政が連携して、信州大学松本キャンパスに「信州メディカルシーズ育成拠点」を設置し、同キャンパスの信州大学医学部・附属病院や、近隣の松本歯科大学と協力して、メディカル産業の発展に繋がる共同研究を推進すると同時に、付随する法律や指針、販路開拓や保険収載についての助言や支援を総合的に実施する体制を整備し始めています。

 そこで、「信州メディカルシーズ育成拠点」を利活用する産学官から広く会員を募ることにより「信州メディカル産業振興会」を設立し、「信州メディカルシーズ育成拠点」との密接な連携によって“医療現場からの開発ニーズの発掘”、“共同研究のマッチング”、“各種勉強会・講演会の開催”、“会員間での情報交換と相互連携”等を推進し、長野県地域のメディカル産業の振興に広く貢献していきます。

つきましては、本振興会設立の趣旨に御賛同いただき、多くの皆様が御参加くださるよう御案内申し上げます。

 

                       平成22年2月

信州メディカル産業振興会発起人
キッセイ薬品工業株式会社 代表取締役社長 神澤 陸雄
セイコーエプソン株式会社 代表取締役会長 花岡 清二
日置電機株式会社 取締役会長 日置 勇二
サクラ精機株式会社 代表取締役社長 林 三千男
信州大学 理事・副学長・産学官連携推進本部長 三浦 義正
信州大学 理事・副学長・医学部附属病院長 小池 健一
信州大学 副学長・医学部長 久保 惠嗣
松本歯科大学大学院 歯学独立研究科長 高橋 直之