トップページ > 同窓会について > 会長挨拶

同窓会について

会長挨拶

会長挨拶

 第30回通常総会で会長職にご推挙いただき、非力な自身をも省みずに、第16期同窓会長お引き受けいたしました、宮本伸一でございます。会員の皆さんのご理解とご支援をいただき、本同窓会の発展のために、微力ではございますが、その責を果たしてまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、平成29年8月11日には、創立30周年記念式典、講演会、祝賀会の開催、また、記念事業として整備工事を完了した「赤煉瓦館」の竣工式が無事に執り行われました。この日を迎えることができたのは、土屋前会長さんはじめ14期、15期の役員の皆様、同窓会事務局の皆様のご尽力の賜物と、心より感謝を申し上げるところでございます。
 11月25日、第2回の理事会を「赤煉瓦館」で開催をいたしました。「赤煉瓦館」の外観は、長年風雪に耐えてきた煉瓦の味わい深い表情があります。そして内装は統一感があり、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出しております。会員の皆様にも機会があればぜひご来館いただければと思います。
 30年の節目を経て、新たな一歩を踏み出した同窓会でございます。これからも長期構想の検討を重ねて、信州大学校友会・同窓会連合会との連携、支部組織の強化と組織充実、研究助成、学部後援を推進するとともに、会報の発行、ホームページの更新を通して、会員の皆様に同窓会の情報を発信していきたいと考えております。
 今後ともご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。


第16期 同窓会 会長 宮本伸一