地域社会イニシアティブ・コース

 

カリキュラム

   

開講科目

地域活性化ワークショップ

このワークショップは、地域の具体的な課題を取り上げて、その課題に参加者が協力して取り組むことによって、参加者が相互に啓発しあい複合的な観点を養うことを目的としています。特に「地域活性化ワークショップⅠ」は、2年間の履修の導入的な位置づけとして開設されている科目で、履修が強く推奨されています。

科目名
単位数
題目名(灰色字は本年度開講せず )
地域活性化ワークショップ I
2
地域活性化ワークショップⅠ
地域活性化ワークショップ II
2
地域活性化ワークショップ II

地域社会テーマ共通科目

テーマ共通科目では、地域社会と地方自治の諸課題に、行政学、財政学、経済学、政治学、法学の分野からそれぞれ取り組む科目が開設されています。

科目名
単位数
題目名(灰色字は本年度開講せず )
地方自治と地域社会 I
2
地方行政システム
地方自治と地域社会 II
2
地域社会の民事事件と刑事政策
地方自治と地域社会 III
2
規制のミクロ的基礎
地方自治と地域社会 IV
2
地方自治と地域社会Ⅳ
地方自治と地域社会 V
2
金融と地域振興

地域社会テーマ科目

地域社会にかかわるテーマ科目を、「地域の生活と福祉」「地域の産業と雇用」「地域の文化とスポーツ」「グローバル化時代の地域社会」の4つの分野に分けて科目を展開しています。概ね1年に2つずつのテーマを隔年で開講する予定です。

科目名
単位数
題目名(灰色字は本年度開講せず )
地域の生活と福祉 I
2
経済政策のミクロ的基礎
地域の生活と福祉 II
2
福祉と雇用の日韓比較
地域の生活と福祉 III
2
地域経済データの作成と分析
地域の生活と福祉 IV
2
地域福祉と法律問題
地域の産業と雇用 I
2
地域金融と計量経済分析の実践
地域の産業と雇用 II
2
地域社会と情報技術
地域の産業と雇用 III
2
企業経営・会計
地域の産業と雇用 IV
2
地域の産業振興と法制度
地域の文化とスポーツ I
2
地域の文化とスポーツⅠ
地域の文化とスポーツ II
2
地域社会と文化
グローバル化時代の地域社会 I
2
経済・金融情勢を読む
グローバル化時代の地域社会 II
2
エネルギー問題と地域経済
グローバル化時代の地域社会 III
2
グローバル化時代の地域社会Ⅲ
グローバル化時代の地域社会 IV
2
グローバル化と地域社会の課題

テーマ研究ワークショップ

テーマ研究ワークショップは、テーマ共通科目やテーマ科目の内容をさらに深め、発展させるためのワークショップです。

科目名
単位数
題目名(灰色字は本年度開講せず )
テーマ研究ワークショップ I
2
テーマ研究ワークショップ I
テーマ研究ワークショップ II
2
テーマ研究ワークショップ II

調査、分析、情報発信の方法

地域社会の実態を把握するためには、調査や分析の方法が必要です。また、情報を処理し、発信する方法も必要となります。ここでは、フィールド・リサーチの手法、統計データの利用方法、情報処理と情報発信の方法を習得するための3つの科目が開講されています。

科目名
単位数
題目名(灰色字は本年度開講せず )
調査、分析、情報発信の方法 I
2
質的社会調査法
調査、分析、情報発信の方法 II
2
調査,分析,情報発信の方法Ⅱ
調査、分析、情報発信の方法 III
2
情報の処理と発信の方法

個人課題研究ワークショップ

この2科目は、学位請求のための研究を各自が進めながら研究発表を行い、参加者からのコメントを参考にして研究内容を補足、修正することを目的としています。決められたスケジュールに従って中間的な発表を行なうことによって、各自が研究を進める上で、そのペースメーカーとすることができます。こうした意図の下に開設された本科目は、履修することが強く推奨されます。

科目名
単位数
題目名(灰色字は本年度開講せず )
個人課題研究ワークショップ I
2
個人課題研究ワークショップ I
個人課題研究ワークショップ II
2
個人課題研究ワークショップ II

研究指導

学位請求のための研究を各自が進めるために、1年次後期から指導教員を選び、研究指導を受ける科目です。この科目は必修となっています。

科目名
単位数
題目名(灰色字は本年度開講せず )
研究指導 I
2
研究指導 I
研究指導 II
2
研究指導 II
研究指導 III
2
研究指導 III
 
back
 
 
│ サイトマップ │ プライバシーポリシー │