地域社会イニシアティブ・コース

 

 

専攻運営委員長からのメッセージ

信州大学大学院の地域社会イニシアティブ・コースでは、毎年、桜の開花とともに、各界で優れた実績のある大学院生を迎えています。

本コースに所属する院生のみなさんの年齢層は幅広く、職業、居住地などもそれぞれ異なりますが、地域社会への主体的な関わりを模索するという目的を共有しています。したがって、大学院のカリキュラムも、教員による一方的な知識提供型の授業ではなく、院生間の議論の積み重ねや相互批判の場を提供することに主眼が置かれています。また、教室で議論するばかりではなく、時には現場に赴いて、職場や地域で起きている問題に取り組む人たちから学び、議論することも重視されています。

こうした同級生や地域社会との交流はもとより、2006年に設立された「信大地域フォーラム」での卒業生らとの出会い、そして、これまで携わってこられた仕事や生活経験にもとづく論文執筆などの経験は、きっとみなさんにとってかけがえのないものになろうと思われます。このような地域社会イニシアティブ・コースで、私たちとともに、地域づくりの未来を切り拓いてみませんか。


経済・社会政策科学専攻教員・運営委員を代表して
専攻運営委員長  金 早雪


 
back
 
 
│ サイトマップ │ プライバシーポリシー │