実務の最前線を知る教授陣による少人数教育×実務に役立てる実践的カリキュラム

よくあるご質問/お問い合わせ

HOME > よくあるご質問/お問い合わせ

よくあるご質問/お問い合わせ

よくあるご質問/お問い合わせ

入学及び修了の時期を教えてください。
イノベーション・マネジメント専攻では、毎年4月の春季入学に加え、10月に秋季入学を実施する場合があります。修了のためには、2年以上在学することが、必須条件となりますが、この場合2年以上の在学とは、入学時から2年以上在学していること(休学期間は在学期間に含めない。)を意味します。従って、4月に入学した者は2年後の3月末日、10月に入学した者は2年後の9月末日をもって2年間在学することになります。
イノベーション・マネジメント専攻では、2年以上在学した春季入学者は9月、秋季入学者は3月に修了することを認めております。修了のための手続その他は、掲示などで随時周知しております。
出願資格(一般・推薦)や選抜方法について教えてください。

一般選抜の出願資格は、原則として3年以上の実務経験を有する方、または、大学院修了者とします。
推薦選抜(平成24年度3月期)の出願資格は次の(1)、(2)のいずれかに該当する方

(1) 大学を平成24年3月卒業見込みの方
(2) 外国において、学校教育における16年の課程を平成23年4月から平成24年3月までに修了又は修了見込みの方

選抜方法は出願書類審査、小論文及び面接の結果を総合して行います。詳しくは学生募集案内をご確認ください。

大学院入試問題の、過去問等は入手できますか?
ご希望があれば事務室にて配布しております。
事前に校舎の見学はできますか?
月~金曜日は午前10時から午後7時、土曜日は午前10時~午後5時まで受け付けておりますので、どうぞお気軽にお越しください。又、キャンパス内の見学等に関するご質問については、事務室までお問い合わせください。
大学院内に自習できる場所・図書室はありますか?
図書室の自習室としての使用は平日、土曜日に利用可能です。(会議などで使用できない場合もあります、日程は図書室入口に掲示してあります。)
授業はどのように実施されているか教えてください。

(1) イノベーション・マネジメント専攻の授業は、長期休暇の期間を除く1年間を前期(1学期・2学期)、後期(3学期・4学期)の4学期制で実施しております。
また、原則として火曜日から土曜日までの下記の時間帯に開講します。

時間
2時限10:40 ~ 12:10
3時限13:00 ~ 14:30
4時限14:40 ~ 16:10
5時限16:20 ~ 17:50
6時限18:00 ~ 19:30
7時限19:40 ~ 21:10

(2) ただし、社会人院生を考慮し、当該年度在学生の希望に合わせ、教員の都合のつく範囲内で、出来る限り柔軟に、以下の開講にも努めております。
集中授業:夏季・春季休業、週末等に集中して実施するもの。
非定時授業:教員、学生の都合に合わせ、任意時に随時実施するもの。

(3) 開講場所は長野キャンパスを原則としておりますが、学生の希望、教員の都合などにより、それ以外の施設で開講することがあります。ただしこの場合、履修を希望する学生の履修に支障のない範囲で行ないます。

(4) 定時、集中授業の授業時間と場所は、科目履修希望者と科目担当教員との間で、講義開始前までに設定します。特に、技術系の実習科目の場合は、実習設備などの問題がありますので、履修希望者と科目担当教員との間で十分相談することが必要です。

納付金(入学料・授業料)の額について教えてください。
入学料282,000円
授業料(前期・後期)各267,900円
(年額 535,800円)

(注) 金額は、平成23年4月現在のものです。入学時及び在学中に入学料・授業料が改定された場合には、改定時から新入学料・新授業料が適用されます。

長期履修学生制度について教えてください。
長期履修学生制度

計画的な長期在学・履修により、就学の便宜と授業料の軽減を図る「長期履修学生制度」があります。制度の概要は以下の通りですが、詳細については事務室に問い合わせください。

(1)申請資格

原則として職業を有している社会人とし、職業を有する等の事情により、修得可能な単位数や研究指導等を受ける時間が制約されるため、本研究科の標準修業年限(2年間)を超えて、計画的に教育課程を履修して修了することを希望する方とします。(2年生時の申請は認められていません)

(2)長期履修の許可に伴う授業料の適用開始日

年度の初め。

(3)在学年限

4年間を超えることはできません。(休学期間は含みません)

(4)申請手続

所定の提出期限までに「履修申請書」を専攻事務室へ提出してください。申請を認められた学生が休学する場合は、「履修計画変更申請書」を提出してください。申請を認められた学生が在学期間を短縮する場合には、各年度の9月末日(土・日・祝祭日にあたる場合はその前日)、但し9月修了予定者は前年度の3月末日(土・日・祝祭日にあたる場合はその前日)までに「履修期間の短縮申請書」を提出してください。

短縮後の授業料は、短縮後の在学年数に基づき再計算します。なお、再計算により出た差額分(納付額)は、3月修了予定者は10月中、9月修了予定者は4月中に納めてください。

イノベーション・マネジメント専攻の履修、修了のための要件を教えてください。
イノベーション・マネジメント専攻の履修・修了のためには、次の要件を充たす必要がある。
① 2年以上在学すること
② 所定の授業科目を履修し30単位以上取得すること
③ 特定の課題についての研究(以下、「特定課題研究」という。)に関する指導を受けて、在学中に特定課題研究レポートを提出すること
④ 口頭等による最終試験に合格すること
仕事の都合で続けられなくなった場合は、途中で休学などは可能でしょうか?

(1) 休学を希望する方は、原則として異動予定日の1ケ月前までに、所定書式にアドバイザー教員もしくは指導教員の所見と署名を得て、事務室に提出してください。

◎ 3月31日または4月1日付での異動について   2月末日まで
◎ 9月30日または10月1日付での異動について  8月末日まで

これらの期日に遅れた場合は、次期分の授業料納入の義務が発生しますのでご注意ください。

(2) 開講期間中に届け出た住所を離れたために、登録した授業科目の履修が事実上不可能であると認められた場合には、受講登録を取り消すか、または学期末試験の受験を認めないことがあります。

(3) 在学期間は4年を超えることができませんので、一時的に履修を継続できない事情が発生した場合は、一定期間休学した方が良い場合もあります。実質上休学していても届けがない場合には、休学と認められませんので、就学扱いになります。

教員とのコンタクトはどの程度できるのでしょうか?
開講期間中における教員とのコンタクトは、シラバスに記載しておりますコンタクト先をご利用いただき、基本アポイントを取っていただいた後、面談やその他ご相談を行なっていただいております。メールなどはいつでもご利用いただきまして、授業に関するご質問など行なっていただければと思います。

お問い合わせ

上記以外にご質問などがございましたら、以下のお問い合わせ先までご連絡ください。

TEL : 026-269-5696  FAX : 026-269-5699
E-mail : im_daihyou@shinshu-u.ac.jp


このページの先頭へ