実務の最前線を知る教授陣による少人数教育×実務に役立てる実践的カリキュラム

キャンパスイベント

キャンパスイベント> キャンパスイベント一覧へ戻る

TEMM14学生フォーラム 参加報告

修士課程1年の山田和輝さんが日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM14)の学生フォーラム (2012年5月3日-4日開催)に日本の学生代表として参加しました。

山田和輝さん  
信州大学大学院 総合工学系研究科 山岳地域環境科学専攻 博士課程1年
経済・社会政策科学研究科  イノベーションマネジメント専攻  修士課程1年

  私はこの度5月3日、4日に中国の北京で行われた第14回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM14)の学生フォーラムに日本の学生代表として参加致しました。この学生フォーラムは、日本、中国、韓国から各5名の学生が集い、それぞれの国の若者の環境への問題意識や具体的な取り組み事例を持ち寄り、それを参考に議論を重ね、日中韓の学生が1つの共同声明を作り上げ、それを三カ国の環境大臣に報告するという趣旨のものでした。  
  私たち日本チームは、まず日本国内の持続可能な社会への活動事例を若者の視点でまとめていきました。限られた時間の中、濃厚な情報共有ができ、当日には自信を持って韓国や中国のみなさんに、日本の事例と意見をプレゼンテーションすることができました。  
  日本の事例紹介の一つに、私と関わりのある長野県鬼無里村の事例を紹介することができました。これは過疎地域が地域のバイオマス資源を利用し、地域おこしをしながら、温暖化ガスの削減と里山の保護に貢献しているというものです。小規模ながらも地域が一丸となって、持続可能なライフスタイルを提唱している。一人の一歩は小さいが、それをみんなでやっていくことが重要ではないかというお話しをしました。また去年、東日本大震災のボランティアに参加した時、現地で韓国人、中国人の留学生が活動していた姿を目の当りにし、改めてお礼を伝えることができたことなど、とても貴重な機会でした。 更に日中韓の学生が協働し、共同声明を作成する課程では、様々な気づきを得ることができました。  
  私は過去に青年海外協力隊に参加し、国際協力の分野を経験していました。そのため、特に経済発展と共に公害汚染が深刻化する途上国への環境支援を訴えたかったのですが、その言葉を韓国、中国の学生から聞くことができました。「途上国を持続可能に、グリーンに、導くことが、私たち先進国の責任ではないだろうか、そのためにも私たち自身が、持続可能な社会を構築する必要がある。」私は、この言葉を聞けた事がとてもうれしかったです。この様な内容が盛り込まれた共同声明を作りあげ、代表学生が大臣に報告し、フォーラムを終え、無事、帰国致しました。
   今回この様な素晴らしい企画をしてくださった環境省の皆さん、様々なコーディネートをして下さった日本環境教育フォーラム(JEEF)の皆さん、各国の代表学生の皆さんに出会えたことがなによりも貴重な財産だと感じております。深く感謝致します。 また、このような機会を紹介し、応援してくださった、信州大学の諸先生方に深く感謝致します。  
  私は、今後、長野県において、自然エネルギーなどの地域の資源を利用した地域活性化を研究し、持続可能な地域社会の実現に尽力したいと思います。さらに途上国においてグリーンな持続可能な支援活動を展開していきたいと考えています。ありがとうございました。


このページの先頭へ