実務の最前線を知る教授陣による少人数教育×実務に役立てる実践的カリキュラム

キャンパスイベント

HOME > キャンパスイベント > 平成26年度秋期修了式

キャンパスイベント> キャンパスイベント一覧へ戻る

26年度秋期修了式

平成26年度秋期修了式が10月1日(土)に行われ2名の方が卒業されました。
おめでとうございます。


 式辞:専攻長 柴田 匡平   

  修了おめでとうございます。本日2人の修了生を送るにあたりまして、教職員一同を代表致しましてお慶びを申し上げます。お二人は入学年度は異なりますが、在学中に転勤を経験されておられる点は共通しておりまして、通学や論文作成にいっそうの御苦労があったことと推察いたします。それだけに本日学位記を手にされて、ご本人はもとより、周囲の方々のお喜びもひとしおと思います。影になり、或いは日向になって支えてくださったご家族、或いは職場の皆さま、ご関係の皆さま方に、是非その学位記を見せてあげてください。
  本大学院ではイノベーションをひとつのキーワードにしているわけですが、最も難しいのは、私の考えるところでは、自分自身のイノベーションを起こすということです。お二人はご入学から現在までの間に、おそらく何らかの意味での自己革新をこの大学院において経験なさったのではないかと私は期待をしております。修了後はこの大学院での勉学をもとに、所属の組織や会社、或いは社会にその成果を還元していかれるのが、お二人の責務でもあるとともに、それがお二人のご勉学を助けて、機会をくださった方々に対する恩返しにもなるだろうと思います。また本日の修了は、経営大学院OBとしての出発点でもありまして、100人を越える実務家ネットワークへの仲間入りの日でもあります。 何よりもまず、ご自身の自己実現を目指して、これからご活躍なさることを期待致しますとともに、その際に、当大学院でのご経験を是非お役立ていただければ幸いに存じます。
  甚だ簡単ではございますが、以上をもちまして私の餞けの言葉とさせていただきます。本日はおめでとうございます。  

 卒業生の謝辞:伊藤 豪史郎さん  pdf.