トップ > 総合医理工学研究科の設置について

総合医理工学研究科の設置について

本学は、新しい時代に対応した博士人材の養成を目指し、大学院博士課程の「医学系研究科」と「総合工学系研究科」を統合再編し、新たに「総合医理工学研究科」を平成30年4月に設置します。
総合医理工学研究科には、これまで両研究科がそれぞれ3専攻と5専攻に細分化されていたものを、学問体系の本質に対応する「医学系専攻」、「総合理工学専攻」の2専攻に加えて、理学・工学・農学・繊維学と医学との連携による「生命医工学専攻」を設置し、3専攻に再編します。

社会からの期待・要請

  • 現在、我が国は、超高齢化に対応する医療・健康・福祉、イノベーション創出のための科学技術の開発、エネルギー確保、水資源の確保や環境保全といった課題が山積している。
  • これらの課題は複数の分野の課題が複雑に絡み合っていることも多く、1つの課題の解決策が他の課題の解決を妨げたり新たな課題を生じさせたりする場合があるため、部分最適ではなく全体最適の解決を図ることができる人材が強く求められている。
  • 長野県においては、世界展開を目指す企業も多く、これらの企業の中には、より高いレベルでのイノベーションを支える専門技術者への要請が強い。
  • また、全国で最も速いスピードで超高齢化が進行している地域でもあり、医療・健康・福祉に寄与する分野の技術革新を目指す企業が増加していることから、当該分野の教育研究への期待が高まっている。

改組の観点

現状の課題を解決し、社会からの要請に応えるため、次の観点により博士課程を再構築する。

  1. 超高齢社会の医療・福祉を支える生命医工学分野の人材を育成するため、修士課程に新設した生命医工学専攻の学年進行に対応し、博士課程に生命医工学専攻を設置する。
  2. 先鋭領域融合研究群と連携した博士課程教育を行う。
  3. 俯瞰力、洞察力及び応用力を養うため、研究科や専攻といった階層ごとに、全学生が共通して一定以上のレベルに到達できるよう教育課程を編成する。

改組の概要

総合医理工学研究科において養成する人材像・能力

養成する人材像

  • 人類の福祉や持続可能な社会の実現のために、医学・保健・福祉や科学・技術の発展に貢献できる高度専門職業人・研究者。
  • 世界を先導する研究に取り組む人材。
  • 専門分野の枠を越えた学際分野の課題に対しても積極的に挑戦する人材。

養成する能力

医学、保健学、理学、工学、農学、生命医工学の各専門分野の深い知識・技能と、社会の変化への柔軟な対応力を兼ね備え、社会に寄与する有為な高度専門職業人・研究者を養成するため以下の能力を共通的必須能力として修得させる。

  • 専門分野以外の課題を見渡すとともに自身の研究課題の社会的意義を再認識する俯瞰力。
  • 高度専門職業人・研究者として科学・技術を発展させるための健全な倫理観。

研究科の特色

複合化して単純に解決できない課題に取り組むためには、中核となる技術課題を解決する深い専門知識と技能に加えて広い視野で問題を捉え解決の方策を探索する総合的な洞察力・俯瞰力が不可欠である。
総合的な課題解決能力や俯瞰力を醸成するためには、専門分野近傍の領域の知識や医学系、理工農学系及び人社系分野全体の基本的な知識も不可欠である。このため、大括りした各専攻に所属する学生は「専攻共通科目」(全専攻4単位選択必修)を、さらに研究科の「研究科共通科目」(全専攻2単位必修)を受講する。
全ての在籍院生に対してCITI-Japanの認証獲得を修了要件とは別に義務化し、研究者・技術者倫理教育においては社会的責任感を身に付けさせる。

専攻共通科目(4単位選択必修)

医学系専攻
  • 生命倫理・研究倫理特論(2) [必修]
  • 医学統計・疫学特論(2) [選択必修]
  • 生涯保健学研究法特論(2) [選択必修]
総合理工学専攻
  • 特別課題演習(研究会・学会演習)(2) [必修]
  • 科学技術政策特論(2) [選択必修]
  • 学外研修(2) [選択必修]
生命医工学専攻
  • 社会医工学特論(2)[必修]
  • イノベーションセミナー(2)[必修]
  • 企業/行政/病院インターンシップ(1)[選択]

研究科共通科目(2単位必修)

  • 先鋭領域融合研究群最先端研究特講(2) [必修]
  • 特別招へい教授グローバル研究特講(2) [選択]
  • 知財管理特講(2) [選択]

修了要件外

  • CITI-Japan [認証取得を義務化]

各専攻の特色

医学系専攻

医学系専攻は、「医学分野」と「保健学分野」の2分野から構成されている。本専攻の目的は全人的・学際的教育を通じて、豊かな人間性と高度な基礎的・臨床的研究能力を有する医療専門職者を社会に輩出し、わが国における医学・保健学の発展並びに健康長寿に寄与することである。
本医学系専攻では医学部医学科を卒業し、学士(医学)を取得した医師、医科学修士課程を修了し、修士(医学)を取得した研究者、保健学修士課程を修了し、保健学系修士を取得した看護師、助産師、保健師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士等の保健医療職者が同じ専攻に所属することによって、異なる職種の観点から医学系における様々な課題を共有し、幅広い視野を有して研究活動を行うことが可能となることを特色としている。
加えて、研究倫理教育においてはCITI-Japanプロジェクトの中心的な役割を担っている本学において、生命倫理に関する教育を医学系専攻共通科目として履修する。このことにより、高い倫理観と豊かな人間性を有し、高度な専門知識・技術、科学的根拠に基づく臨床問題解決能力を有する医学研究者及び高度医療専門職業人、高度保健医療専門職業人を育成する。

分野:医学分野、保健学分野

総合理工学専攻

総合理工学専攻では、応用的・学際的な「理学」、「工学」及び「農学」分野における諸課題に対し、広い視野で問題を捉え、解決の方策を探究する総合的な洞察力・俯瞰力を育成することを目的としています。各専門分野の深い知識・技能に加えて、専門分野近傍の領域の知識や理工農学系分野全体の基本的な知識を有し、科学技術と環境保全との調和に関心をもち、学際的技術の研究開発や国際化に対応できる高度な技術者を養成する。このため、各分野の専門科目に加えて、専攻共通科目(4単位)を履修させる。

分野:ファイバー工学分野、エネルギー・システム工学分野、物質創成科学分野、山岳環境科学分野、生物・生命科学分野、数理・社会システム科学分野

生命医工学専攻

超高齢化社会において健康寿命を延伸するための、生命・医療・健康・福祉の研究開発を担う人材を育成する。この目的のために、理工農学系と医学系の学生が同じ専攻に所属し、一体となって生命医工学を学び、異分野の考え方や研究方法を修得する「真の医工連携大学院」を創設する。生命工学分野・生体医工学分野とも、博士(医工学)を授与する3年制コースと博士(医学)を授与する4年制コースを設ける。本専攻は先鋭領域融合研究群と連携することにより、レベルの高い多角的な研究を基盤とした教育を行う。また、外国人特別招へい教授・外国人研究者の大学院教育・研究への参画や海外留学を広汎に実施し、グローバルな人材を育成する。本学教員と国内外の他大学教員・医療機関医師・第一線の企業研究者・行政機関職員などが一体となって教育・研究を実施する。大学院で多角的な融合・連携を実践することにより、境界領域の新知見を見出し世界に発信する研究者、広い視野から産学官連携研究を牽引するリーダーなど、時代が求める独創的な人材を輩出する。

分野:生命工学分野、生体医工学分野

入学者選抜試験日程

選抜試験は、各専攻毎に実施します。日程等異なりますので、ご注意ください。
詳細については、各専攻の窓口にお問い合わせください。

医学系専攻

医学分野

一般選抜・社会人入試
《一次募集》
一般選抜・社会人入試
《二次募集》
※定員に達しない場合
平成30年4月入学 平成30年4月入学
出願期間 平成30年1月22日(月)~ 平成30年2月6日(火) 平成30年2月23日(金)~ 平成30年3月1日(木)
試験日 平成30年2月21日(水) 平成30年3月12日(月)

保健学分野

一般選抜
平成30年4月入学
出願期間 平成29年11月15日(水)~ 平成29年11月21日(火)
試験日 平成29年12月17日(日)

総合理工学専攻

一般選抜
《春季選抜》
平成30年4月入学
平成30年10月入学
出願期間 平成29年12月5日(火)~ 平成29年12月13日(水)
試験日 平成30年1月30日(火)

生命医工学専攻

3年制コース

一般選抜
《春季選抜》
平成30年4月入学
平成30年10月入学
出願期間 平成29年12月5日(火)~ 平成29年12月13日(水)
試験日 平成30年1月30日(火)

4年制コース

一般選抜・社会人入試
《一次募集》
一般選抜・社会人入試
《二次募集》
※定員に達しない場合
平成30年4月入学
平成30年10月入学
平成30年4月入学
出願期間 平成30年1月22日(月)~ 平成30年2月6日(火) 平成30年2月23日(金)~ 平成30年3月1日(木)
試験日 平成30年2月21日(水) 平成30年3月12日(月)

お問い合わせ窓口

代表連絡先

〒390‒8621 長野県松本市旭3-1-1
学務部学務課大学院室
TEL:0263-37-2863
FAX:0263-36-3044
E-mail:sogoiriko@shinshu-u.ac.jp

各専攻の連絡先

【医学系専攻】
【生命医工学専攻・4年制コース】
医学部大学院係
〒390‒8621 長野県松本市旭3‒1‒1
TEL:0263‒37‒3376
FAX:0263‒37‒3080
【総合理工学専攻】
【生命医工学専攻・3年制コース】
学務部学務課大学院室
〒390‒8621 長野県松本市旭3‒1‒1
TEL:0263‒37‒2863
FAX:0263‒36‒3044

総合医理工学研究科改組について

このページについて、より詳しい内容を記載したPDFを用意しておりますのでこちらもご参照ください。